Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.4.18. RAID ボリュームの拡張

RAID 論理ボリュームは、新規の RAID リージョンの同期を実行しなくても、lvextend コマンドを使って拡張することができます。
lvcreate コマンドで RAID 論理ボリュームを作成するときに --nosync オプションを指定すると、論理ボリュームの作成時に RAID リージョンは同期されません。--nosync オプション を使用して作成した RAID 論理ボリュームを後で拡張すると、RAID 拡張は同時に同期されません。
lvs コマンドを使用してボリュームの属性を表示することで、--nosync オプションを使用して既存の論理ボリュームが作成されているかどうかを確認できます。初期同期なしで作成された論理ボリュームでは、属性フィールドの最初の文字として「R」を示します。初期同期が行われて論理ボリュームが作成された場合は、「r」と表示されます。
以下のコマンドは、初期同期を行わずに作成した RAID 論理ボリューム lv の属性を表示します。属性フィールドの先頭に「R」文字が表示されます。属性フィールドの 7 番目の文字は、RAID のターゲットタイプを示す「r」です。attribute フィールドの意味は、表4.5「lvs 表示フィールド」 を参照してください。
# lvs vg
  LV   VG   Attr     LSize Pool Origin Snap%  Move Log Cpy%Sync  Convert
  lv   vg   Rwi-a-r- 5.00g                               100.00
この論理ボリュームを lvextend コマンドで拡張すると、RAID の拡張部分は再同期されません。
lvcreate コマンドの --nosync オプション を指定せずに RAID 論理ボリュームを作成した場合は、lvextend コマンドの --nosync オプション を指定して、ミラーを再同期せずに、論理ボリュームを大きくできます。
以下の例は、--nosync オプションを使用せずに作成した RAID 論理ボリュームを拡張し、RAID ボリュームが作成時に同期されたことを示しています。ただし、この例では、ボリュームの拡張時にボリュームが同期されていないことを示しています。ボリュームには「r」の属性があります。ただし、--nosync オプションを指定して lvextend コマンドを実行すると、ボリュームに "R" の属性がある点に注意してください。
# lvs vg
  LV   VG   Attr     LSize  Pool Origin Snap%  Move Log Cpy%Sync  Convert
  lv   vg   rwi-a-r- 20.00m                               100.00
# lvextend -L +5G vg/lv --nosync
  Extending 2 mirror images.
  Extending logical volume lv to 5.02 GiB
  Logical volume lv successfully resized
# lvs vg
  LV   VG   Attr     LSize Pool Origin Snap%  Move Log     Cpy%Sync  Convert
  lv   vg   Rwi-a-r- 5.02g                                   100.00
RAID ボリュームが非アクティブの場合は、--nosync オプションを指定してボリュームを作成する場合でも、ボリュームを拡張すると自動的に同期が省略されません。その代わりに、論理ボリュームの拡張部分を完全に再同期するかどうかのプロンプトが出されます。
注記
RAID ボリュームが復旧を実行している場合は、--nosync オプションを指定してボリュームを作成または拡張した場合は、論理ボリュームを拡張することはできません。--nosync オプションを指定しないと、復旧中に RAID ボリュームを拡張することができます。