Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.4. 物理ボリュームメタデータの復元

物理ボリュームのボリュームグループのメタデータ領域が誤って上書きされたり、破棄されたりする場合は、メタデータ領域が正しくないことを示すエラーメッセージか、システムで特定 UUID の物理ボリュームが見つからなかったことを示すエラーメッセージが表示されます。物理ボリュームからのデータの復元は、失われたメタデータと同じ UUID を指定して、物理ボリューム上に新規のメタデータ領域を書き込むことによって実行できる場合があります。
警告
作業用の LVM 論理ボリュームを使ってこの手順を試行しないでください。誤った UUID を指定すると、データが失われることになります。
以下の例は、メタデータ領域が見つからなかったり、破損している場合に表示される出力の種類を示しています。
# lvs -a -o +devices
  Couldn't find device with uuid 'FmGRh3-zhok-iVI8-7qTD-S5BI-MAEN-NYM5Sk'.
  Couldn't find all physical volumes for volume group VG.
  Couldn't find device with uuid 'FmGRh3-zhok-iVI8-7qTD-S5BI-MAEN-NYM5Sk'.
  Couldn't find all physical volumes for volume group VG.
  ...
上書きされている物理ボリュームの UUID は、/etc/lvm/archive ディレクトリーで見つけることができます。VolumeGroupName_xxxx.vg ファイルで、該当するボリュームで最後にアーカイブ化された、有効な LVM メタデータを確認します。
または、ボリュームを非アクティブ化し、partial (-P) 引数を設定すると、見つからない破損した物理ボリュームの UUID を見つけられる可能性があります。
# vgchange -an --partial
  Partial mode. Incomplete volume groups will be activated read-only.
  Couldn't find device with uuid 'FmGRh3-zhok-iVI8-7qTD-S5BI-MAEN-NYM5Sk'.
  Couldn't find device with uuid 'FmGRh3-zhok-iVI8-7qTD-S5BI-MAEN-NYM5Sk'.
  ...
pvcreate コマンドの --uuid--restorefile 引数を指定して、物理ボリュームを復元します。以下の例では、/dev/sdh1 デバイスを上記の UUID (FmGRh3-zhok-iVI8-7qTD-S5BI-MAEN-NYM5Sk) を持つ物理ボリュームとしてラベル付けします。このコマンドは、ボリュームグループ用の最近の正しいアーカイブのメタデータ VG_00050.vg に含まれているメタデータ情報で、物理ボリュームラベルを復元します。restorefile 引数は、ボリュームグループ上の古い物理ボリュームと互換性のある新しい物理ボリュームを pvcreate コマンドに指示します。これにより、古い物理ボリュームにデータが含まれている場所(時など)に配置されないようになります。たとえば、元の pvcreate コマンドがメタデータ配置を制御するコマンドライン引数を使用した場合、または物理ボリュームが別のデフォルトを使用する別のバージョンのソフトウェアを使用して作成されていた場合です。pvcreate コマンドは LVM メタデータ領域のみを上書きし、既存のデータ領域には影響を与えません。
# pvcreate --uuid "FmGRh3-zhok-iVI8-7qTD-S5BI-MAEN-NYM5Sk" --restorefile /etc/lvm/archive/VG_00050.vg /dev/sdh1
  Physical volume "/dev/sdh1" successfully created
その後、vgcfgrestore コマンドを使用してボリュームグループのメタデータを復元します。
# vgcfgrestore VG
  Restored volume group VG
これで論理ボリュームが表示できるようになります。
# lvs -a -o +devices
  LV     VG   Attr   LSize   Origin Snap%  Move Log Copy%  Devices
  stripe VG   -wi--- 300.00G                               /dev/sdh1 (0),/dev/sda1(0)
  stripe VG   -wi--- 300.00G                               /dev/sdh1 (34728),/dev/sdb1(0)
以下のコマンドはボリュームをアクティブにし、アクティブになったボリュームを表示します。
# lvchange -ay /dev/VG/stripe
# lvs -a -o +devices
  LV     VG   Attr   LSize   Origin Snap%  Move Log Copy%  Devices
  stripe VG   -wi-a- 300.00G                               /dev/sdh1 (0),/dev/sda1(0)
  stripe VG   -wi-a- 300.00G                               /dev/sdh1 (34728),/dev/sdb1(0)
オンディスク LVM メタデータが、それを書き換えるデータと同じ容量である場合は、このコマンドで物理ボリュームを復元できます。メタデータを上書きしたものがメタデータ領域を超えると、ボリューム上のデータが影響を受ける可能性があります。そのデータを復元するには、fsck コマンドを使用することができます。