B.3. LVM プロファイル

LVM プロファイルは、各種の環境または使用において一部の特性を実現するために使用できる選択されたカスタマイズ可能な設定のセットです。通常、プロファイルには該当する環境または使用を反映する名前が付けられます。LVM プロファイルは既存の設定を上書きします。
LVM が認識する LVM プロファイルには、コマンド プロファイルと メタデータ プロファイルの 2 つのグループがあります。
  • コマンドプロファイルは、グローバルな LVM コマンドレベルで選択された設定を上書きするために使用されます。このプロファイルは LVM コマンドの実行開始時に適用され、LVM コマンドの実行中に使用されます。コマンドプロファイルは、LVM コマンドの実行時に --commandprofile ProfileName オプションを指定することによって適用します。
  • メタデータプロファイルは、ボリュームグループ/論理ボリュームレベルで選択された設定を上書きするために使用されます。このプロファイルは、処理される各ボリュームグループ/論理グループについて個別に適用されます。そのため、各ボリュームグループ/論理ボリュームは、そのメタデータで使用されるプロファイル名を保存でき、ボリュームグループ/論理ボリュームが次に処理される際には、該当プロファイルが自動的に適用されます。ボリュームグループとその論理ボリュームのいずれかに異なるプロファイルが定義されている場合は、論理ボリュームに定義されるプロファイルが優先されます。
    • vgcreate または lvcreate コマンドを使用してボリュームグループまたは論理ボリュームを作成する場合、--metadataprofile ProfileName オプションを指定して、メタデータプロファイルをボリュームグループまたは論理グループに割り当てることができます。
    • 既存のボリュームグループまたは論理グループへのメタデータプロファイルの割り当てまたは割り当て解除は、lvchange または vgchange コマンドの --metadataprofile ProfileName または--detachprofile オプションを指定して実行できます。
    • vgs および lvs コマンドの -o vg_profile および -o lv_profile 出力オプションを指定することにより、ボリュームグループまたは論理ボリュームに現在割り当てられているメタデータプロファイルを表示できます。
コマンドプロファイルに許可される一連のオプションとメタデータプロファイルに許可される一連のオプションは相互に排他的です。これらの 2 つのセットのいずれかに属する設定を他方の設定に混在させることができず、LVM ツールはこのように混在したプロファイルを拒否します。
LVM はいくつかの事前に定義された設定プロファイルを提供します。LVM プロファイルはデフォルトで /etc/lvm/profile ディレクトリーに保存されます。このロケーションは、/etc/lvm/lvm.conf ファイルの profile_dir 設定を使用して変更できます。それぞれのプロファイル設定は、profile ディレクトリーの ProfileName.profile file に保存されます。LVM コマンドでプロファイルを参照する場合、.profile という接尾辞は省略されます。
複数の異なる値で追加のプロファイルを作成することができます。このために、LVM は command_profile_template.profile ファイル (コマンドプロファイル用) および metadata_profile_template.profile ファイル (メタデータプロファイル用) を提供します。これらのファイルには、それぞれのタイプのプロファイルでカスタマイズできるすべての設定が含まれます。これらのテンプレートプロファイルは、随時コピーし、編集することができます。
または、lvmconfig コマンドを使用してそれぞれのプロファイルタイプのプロファイルファイルの指定セクションについて新規プロファイルを生成できます。以下のコマンドは、section の設定で構成される ProfileName.profile という名前の新規コマンドプロファイルを作成します。
lvmconfig --file ProfileName.profile --type profilable-command section
以下のコマンドは、section の設定で構成される ProfileName.profile という名前の新規メタデータプロファイルを作成します。
lvmconfig --file ProfileName.profile --type profilable-metadata section
セクションが指定されない場合は、プロファイルでカスタマイズできるすべての設定がレポートされます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。