Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.4.15. 論理ボリュームの拡張

論理ボリュームのサイズを拡張するには、lvextend コマンドを使用します。
論理ボリュームを拡張する場合は、追加するボリュームの容量、または拡張後のボリュームのサイズを指定できます。
以下のコマンドは、論理ボリューム /dev/myvg/homevol を 12 ギガバイトに拡張します。
# lvextend -L12G /dev/myvg/homevol 
lvextend -- extending logical volume "/dev/myvg/homevol" to 12 GB
lvextend -- doing automatic backup of volume group "myvg"
lvextend -- logical volume "/dev/myvg/homevol" successfully extended
以下のコマンドは、論理ボリューム /dev/myvg/homevol に 1 ギガバイト追加します。
# lvextend -L+1G /dev/myvg/homevol
lvextend -- extending logical volume "/dev/myvg/homevol" to 13 GB
lvextend -- doing automatic backup of volume group "myvg"
lvextend -- logical volume "/dev/myvg/homevol" successfully extended
lvcreate コマンドと同様に、lvextend コマンドの -l 引数を使用して、論理ボリュームの拡張サイズをエクステント数で指定できます。また、この引数を使用してボリュームグループのパーセンテージ、またはボリュームグループに残ってる空き領域をパーセンテージで指定することもできます。以下のコマンドは、testlv という論理ボリュームを拡張して、ボリュームグループ myvg の空き領域をすべて使用するようにします。
# lvextend -l +100%FREE /dev/myvg/testlv
  Extending logical volume testlv to 68.59 GB
  Logical volume testlv successfully resized
論理ボリュームを拡張したら、それに合わせてファイルシステムのサイズも拡張する必要があります。
多くのファイルシステムサイズ変更ツールは、デフォルトで、ファイルシステムのサイズを、その下の論理ボリュームのサイズまで拡大するため、2 つのコマンドに同じサイズを指定する必要はありません。