D.2. ホストタグ

クラスター構成では、設定ファイルにホストタグを定義できます。tags セクションに hosttags = 1 を設定すると、マシンのホスト名からホストタグが自動的に定義されます。これにより、すべてのマシンに複製できる共通の設定ファイルを使用できるようになり、各マシンにファイルの同一コピーが維持されますが、ホスト名に応じてマシン間で動作が異なる可能性があります。
設定ファイルに関する情報は、「付録B LVM 設定ファイル」を参照してください。
各ホストタグには、存在する場合は余分の設定ファイルが読み込まれます (lvm_hosttag.conf)。このファイルが新規タグを定義する場合、更なる設定ファイルが読み取りのためにファイルの一覧に追記されます。
たとえば、設定ファイル内の以下の以下のエントリーは常に、tag1 を定義し、 ホスト名が host1 の場合は、tag2 を定義します。
tags { tag1 { }  tag2 { host_list = ["host1"] } }