Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.8. マルチパスデバイスに対する重複した PV 警告

マルチパスストレージで LVM を使用する場合は、一部の LVM コマンド (vgslvchange など) で、ボリュームグループまたは論理ボリュームを一覧表示するときに、以下のようなメッセージが表示されることがあります。
Found duplicate PV GDjTZf7Y03GJHjteqOwrye2dcSCjdaUi: using /dev/dm-5 not /dev/sdd
Found duplicate PV GDjTZf7Y03GJHjteqOwrye2dcSCjdaUi: using /dev/emcpowerb not /dev/sde
Found duplicate PV GDjTZf7Y03GJHjteqOwrye2dcSCjdaUi: using /dev/sddlmab not /dev/sdf
このセクションでは、これらの警告の原因について説明したあとに、以下の 2 つのケースでこの問題を解決する方法について説明します。
  • 出力に表示された 2 つのデバイスが、両方とも同じデバイスへの単一パスである
  • 出力に表示された 2 つのデバイスが、両方ともマルチパスマップである

6.8.1. 重複した PV 警告の原因

デフォルト設定では、LVM コマンドは /dev のデバイスをスキャンし、検出された各デバイスで LVM メタデータをチェックします。これは、以下のような /etc/lvm/lvm.conf のデフォルトフィルターにより実行されます。
filter = [ "a/.*/" ]
Device Mapper Multipath、または EMC PowerPath や Hitachi Dynamic Link Manager (HDLM) などの他のマルチパスソフトウェアを使用している場合、特定の論理ユニット番号 (LUN) に対する各パスは、/dev/sdb または /dev/sdc などの異なる SCSI デバイスとして登録されます。マルチパスソフトウェアは、この各パスに対してマッピングされる新しいデバイスを作成します (たとえば Device Mapper Multipathの場合は /dev/mapper/mpath1 または /dev/mapper/mpatha、EMC PowerPath の場合は /dev/emcpowera、Hitachi HDLM の場合は /dev/sddlmab)。各 LUN は、基礎となる同じデータを参照する、/dev 内の複数のデバイスノードを持つため、すべてのデバイスには同じ LVM メタデータが含まれます。したがって、LVM コマンドは同じメタデータを複数回検出し、重複したものとして報告します。
これらの重複メッセージはただの警告であり、LVM 操作が失敗したことは意味しません。これらのメッセージは、1 つのデバイスだけが物理ボリュームとして使用され、他のデバイスは無視されることをユーザーに通知します。メッセージが、正しくないデバイスが選択されていることを示す場合、または警告がユーザーにとって重大である場合は、物理ボリュームに必要なデバイスのみを検索し、マルチパスデバイスへの基礎となるパスを省略するために、フィルターを適用できます。