Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.8.3. マルチパスマップの重複する警告

以下の例は、両方のマルチパスマップである 2 つのデバイスに対する重複した物理ボリューム警告を示しています。これらの例では、2 つの異なるパス (ただし、デバイスは異なる) について説明します。
Found duplicate PV GDjTZf7Y03GJHjteqOwrye2dcSCjdaUi: using **/dev/mapper/mpatha** not **/dev/mapper/mpathc**
Found duplicate PV GDjTZf7Y03GJHjteqOwrye2dcSCjdaUi: using **/dev/emcpowera** not **/dev/emcpowerh**
この状況は、同じデバイスへの 1 つのパスであるデバイスに対する重複の警告よりも深刻です。多くの場合、これらの警告は、マシンが確認すべきでないデバイス (たとえば、LUN クローンまたはミラー) がマシンに提供されたことを意味します。この場合は、マシンから取り外すデバイスが明確にわかっていない限り、状況は改善しません。この問題を解決するには、Red Hat テクニカルサポートにお問い合わせいただくことが推奨されます。