A.2. dmsetup コマンド

dmsetup コマンドはデバイスマッパーと通信するためのコマンドラインラッパーです。LVM デバイスに関する全般的なシステム情報については、以下のセクションで説明されているように dmsetup コマンドの infolsstatus、および deps オプションの使用が役に立ちます。
dmsetup コマンドのその他のオプションとその機能に関する情報は、 dmsetup(8) の man ページを参照してください。

A.2.1. dmsetup info コマンド

dmsetup info device コマンドは デバイスマッパーデバイスに関する要約情報を提供します。デバイス名を指定しないと、その出力は現在設定されているすべてのデバイスマッパーデバイスに関する情報となります。デバイスを 1 つ指定すると、このコマンドはそのデバイスのみについて情報を出力します。
dmsetup info コマンドは以下のカテゴリーで情報を提供します。
Name
デバイスの名前です。LVM デバイスは、ハイフンで区切られたボリュームグループ名と論理ボリューム名で表現されます。元の名前のハイフンは 2 つのハイフンに変換されます。標準的な LVM 操作時は、LVM デバイスを直接指定するために、この形式で LVM デバイスの名前を使用することはできず、代わりに代替名の vg/lv を使用する必要があります。
State
使用可能なデバイスの状態 (state) は、SUSPENDEDACTIVE、および READ-ONLY です。dmsetup suspend コマンドはデバイスを SUSPENDED の状態にします。デバイスが一時停止 (SUSPENDED) になっている場合、そのデバイスへのすべての I/O 操作は停止します。dmsetup resume コマンドはそのデバイスの状態を ACTIVE に復元します。
Read Ahead
読み取り操作が実行されている間に開かれているファイルを対象にシステムが先読みをするデータブロックの数です。デフォルトでカーネルは適切な値を自動選択します。この値を変更するには、dmsetup コマンドの --readahead オプションを使用します。
Tables present
このカテゴリーで使用できる状態は LIVEINACTIVE です。 INACTIVE 状態は、テーブルの状態が LIVE となるように dmsetup resume コマンドがデバイス状態を ACTIVE に復元する際に入れ替えられるテーブルがロードされていることを示します。詳細は dmsetup man ページを参照してください。
Open count
open reference count はデバイスが開かれた回数を示します。mount コマンドはデバイスを開きます。
Event number
現在のイベントの受信数。dmsetup wait n コマンドを発行すると、n 番目のイベントが受理されるまでコールをブロックして待機します。
Major, minor
メジャーとマイナーのデバイス番号
Number of targets
デバイスを構成するフラグメントの数です。たとえば、リニアデバイスが 3 つのディスクにまたがる場合は、ターゲットは 3 つになります。リニアデバイスがディスクの先頭と終点で構成され、中間を持たない場合は、 ターゲットは 2 つになります。
UUID
デバイスの UUID
以下の例では、dmsetup info コマンド用の一部の出力を示しています。
# dmsetup info
Name:              testgfsvg-testgfslv1
State:             ACTIVE
Read Ahead:        256
Tables present:    LIVE
Open count:        0
Event number:      0
Major, minor:      253, 2
Number of targets: 2
UUID: LVM-K528WUGQgPadNXYcFrrf9LnPlUMswgkCkpgPIgYzSvigM7SfeWCypddNSWtNzc2N
...
Name:              VolGroup00-LogVol00
State:             ACTIVE
Read Ahead:        256
Tables present:    LIVE
Open count:        1
Event number:      0
Major, minor:      253, 0
Number of targets: 1
UUID: LVM-tOcS1kqFV9drb0X1Vr8sxeYP0tqcrpdegyqj5lZxe45JMGlmvtqLmbLpBcenh2L3

A.2.2. dmsetup ls コマンド

マップされたデバイスのデバイス名は、dmsetup ls コマンドで一覧表示できます。指定タイプのターゲットを 1 つ以上持つデバイスは、dmsetup ls --target target_type コマンドで一覧表示できます。その他の dmsetup ls コマンドオプションについては、dmsetup man ページを参照してください。
以下の例は、現在設定されているマップ済みデバイスのデバイス名を一覧表示するコマンドを示します。
# dmsetup ls
testgfsvg-testgfslv3    (253:4)
testgfsvg-testgfslv2    (253:3)
testgfsvg-testgfslv1    (253:2)
VolGroup00-LogVol01     (253:1)
VolGroup00-LogVol00     (253:0)
以下の例は、現在設定されているミラーマッピングのデバイス名を一覧表示するコマンドを示します。
# dmsetup ls --target mirror
lock_stress-grant--02.1722      (253, 34)
lock_stress-grant--01.1720      (253, 18)
lock_stress-grant--03.1718      (253, 52)
lock_stress-grant--02.1716      (253, 40)
lock_stress-grant--03.1713      (253, 47)
lock_stress-grant--02.1709      (253, 23)
lock_stress-grant--01.1707      (253, 8)
lock_stress-grant--01.1724      (253, 14)
lock_stress-grant--03.1711      (253, 27)
マルチパスまたはその他のデバイスマッパーデバイス上にスタックされる LVM 設定は複雑でわかりにくい場合があります。dmsetup ls のコマンドには、以下に示す例のように、デバイス間の依存関係をツリーで表示する --tree オプションがあります。
# dmsetup ls --tree
vgtest-lvmir (253:13)
 ├─vgtest-lvmir_mimage_1 (253:12)
 │  └─mpathep1 (253:8)
 │     └─mpathe (253:5)
 │        ├─ (8:112)
 │        └─ (8:64)
 ├─vgtest-lvmir_mimage_0 (253:11)
 │  └─mpathcp1 (253:3)
 │     └─mpathc (253:2)
 │        ├─ (8:32)
 │        └─ (8:16)
 └─vgtest-lvmir_mlog (253:4)
    └─mpathfp1 (253:10)
       └─mpathf (253:6)
          ├─ (8:128)
          └─ (8:80)

A.2.3. dmsetup status コマンド

dmsetup status device コマンドは、指定したデバイスにある各ターゲットの状態情報を提供します。デバイス名を指定しないと、現在設定されているすべてのデバイスマッパーデバイスに関する情報が出力されます。dmsetup status --target target_type コマンドを使用すると、指定した 1 つのタイプのターゲットを 1 つ以上持つデバイスの状態だけを表示できます。
以下の例は、現在設定されているすべてのマップ済みデバイス内のターゲットの状態を一覧表示するコマンドを示しています。
# dmsetup status
testgfsvg-testgfslv3: 0 312352768 linear 
testgfsvg-testgfslv2: 0 312352768 linear 
testgfsvg-testgfslv1: 0 312352768 linear 
testgfsvg-testgfslv1: 312352768 50331648 linear 
VolGroup00-LogVol01: 0 4063232 linear 
VolGroup00-LogVol00: 0 151912448 linear

A.2.4. dmsetup deps コマンド

dmsetup deps device コマンドは、指定デバイスのマッピングテーブルが参照する、デバイス用の (メジャー/マイナー) ペアの一覧を提供します。デバイス名を指定しないと、その出力は現在設定されているすべてのデバイスマッパーデバイスに関する情報になります。
以下の例は、現在設定されているマップ済みデバイスのすべての依存関係を一覧表示するコマンドを示しています。
# dmsetup deps
testgfsvg-testgfslv3: 1 dependencies    : (8, 16)
testgfsvg-testgfslv2: 1 dependencies    : (8, 16)
testgfsvg-testgfslv1: 1 dependencies    : (8, 16)
VolGroup00-LogVol01: 1 dependencies     : (8, 2)
VolGroup00-LogVol00: 1 dependencies     : (8, 2)
以下の例では、デバイス lock_stress-grant--02.1722 の依存関係のみを一覧表示するコマンドを示しています。
# dmsetup deps lock_stress-grant--02.1722
3 dependencies  : (253, 33) (253, 32) (253, 31)