Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.4.3.4. ミラー化 LVM デバイスの RAID1 デバイスへの変換

lvconvert コマンドを使用して、セグメントタイプが mirror の既存のミラー化 LVM デバイスを、RAID1 LVM デバイスに変換するには、--type raid1 引数を指定します。これにより、ミラーサブボリューム (*_mimage_*) の名前が、RAID サブボリューム (*_rimage_*) に変更になります。また、ミラーログは削除され、対応するデータサブボリュームと同じ物理ボリュームのデータサブボリューム用に、メタデータサブボリューム (*_rmeta_*) が作成されます。
以下の例は、ミラー化論理ボリューム my_vg/my_lv のレイアウトを示しています。
# lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
  LV               Copy%  Devices
  my_lv             15.20 my_lv_mimage_0(0),my_lv_mimage_1(0)
  [my_lv_mimage_0]        /dev/sde1(0)
  [my_lv_mimage_1]        /dev/sdf1(0)
  [my_lv_mlog]            /dev/sdd1(0)
以下のコマンドは、ミラー化論理ボリューム my_vg/my_lv を、RAID1 論理ボリュームに変換します。
# lvconvert --type raid1 my_vg/my_lv
# lvs -a -o name,copy_percent,devices my_vg
  LV               Copy%  Devices
  my_lv            100.00 my_lv_rimage_0(0),my_lv_rimage_1(0)
  [my_lv_rimage_0]        /dev/sde1(0)
  [my_lv_rimage_1]        /dev/sdf1(0)
  [my_lv_rmeta_0]         /dev/sde1(125)
  [my_lv_rmeta_1]         /dev/sdf1(125)