Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.8.6. コマンドログレポート (Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降)

Red Hat Enterprise Linux 7.3 では、レポート指向および処理指向の LVM コマンドを使用して、コマンドログを報告できます (これが log/report_command_log 設定で有効になっている場合)。このレポートで表示およびソートするフィールドセットを決定できます。
以下の例では、LVM コマンド向けの完全なログレポートを生成するように LVM を設定します。この例では、論理ボリューム lvol0lvol1 の両方が、それらの論理ボリュームを含むボリュームグループ VG とともに正常に処理されたことを確認できます。
# lvmconfig --type full log/command_log_selection
command_log_selection="all"

# lvs
  Logical Volume
  ==============
  LV    LSize Cpy%Sync
  lvol1 4.00m 100.00
  lvol0 4.00m

  Command Log
  ===========
  Seq LogType Context    ObjType ObjName ObjGrp  Msg     Errno RetCode
    1 status  processing lv      lvol0   vg      success     0       1
    2 status  processing lv      lvol1   vg      success     0       1
    3 status  processing vg      vg              success     0       1

# lvchange -an vg/lvol1
  Command Log
  ===========
  Seq LogType Context    ObjType ObjName ObjGrp  Msg     Errno RetCode
    1 status  processing lv      lvol1   vg      success     0       1
    2 status  processing vg      vg              success     0       1
LVM レポートおよびコマンドログの設定の詳細については、lvmreport の man ページを参照してください。