Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.3.7. キャッシュボリューム

Red Hat Enterprise Linux 7.1 リリースでは、LVM は高速ブロックデバイス (SSD ドライブなど) を、大規模な低速ブロックデバイスのライトバックまたはライトスルーキャッシュとして使用することをサポートします。既存の論理ボリュームのパフォーマンスを改善するためにキャッシュ論理ボリュームを作成したり、大規模で低速なデバイスと共に小規模で高速なデバイスで構成される新規のキャッシュ論理ボリュームを作成したりできます。
LVM キャッシュボリュームの作成方法は、「LVM 論理ボリュームの作成」 を参照してください。