Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.3.2. サーバーの加重値とスケジューリング

ロードバランサーの管理者は、実際のサーバープールの各ノードに加重値を割り当てできます。この加重値は整数値で、加重値を認識するスケジューリングアルゴリズム (加重最小接続など) で考慮されます。また、LVS ルーターが異なる容量を持つハードウェアで負荷を均等にできるようにします。
加重値は、それぞれに対する相対的な割合として機能します。たとえば、ある実サーバーの加重値が 1 で別のサーバーの加重値が 5 の場合、前者が 1 回接続されるごとに後者が 5 回接続されます。実サーバーの加重値のデフォルト値は 1 です。
実サーバープール内でそれぞれ異なるハードウェア構成のノードに重みを付けるとクラスターでの負荷分散をより効率的に行う場合に役立ちますが、 weighted least-connection スケジューリングで仮想サーバーが設定されている際、任意の実サーバーがその実サーバープールに挿入されると、一時的に不均衡が生じる場合があります。例えば、実サーバープールに 3 台のサーバーがあったとします。サーバー A と B に 1 の重みが付けられ、サーバー C には 2 の重みが付けられていたとします。サーバー C が何らかの理由でダウンした場合、放棄された負荷がサーバー A と B に均等に分散されます。しかし、サーバー C がオンラインに復帰すると、LVS ルーター側でサーバー C の接続がまったくないと判断され、サーバー A および B と同等になるまで着信要求をすべてサーバー C に集中的に振り分けることになります。