Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.4. ルーティングメソッド

Red Hat Enterprise Linux はネットワークアドレス変換 (NAT ルーティング) または Keepalived のダイレクトルーティングを使用します。これにより、利用できるハードウェアを活用し、ロードバランサーを既存のネットワークに統合する場合に柔軟性が大変高くなります。

2.4.1. NAT ルーティング

図2.3「NAT ルーティングを実装したロードバランサー」は、インターネットとプライベートネットワーク間で要求を移動するために NAT ルーティングを使用するロードバランサーを示しています。

図2.3 NAT ルーティングを実装したロードバランサー

NAT ルーティングを実装したロードバランサー
この例では、アクティブ LVS ルーターに NIC が 2 つあります。インターネットの NIC ではリアル IP アドレスとフローティング IP アドレスが eth0 にあります。プライベートネットワークインターフェースの NIC はリアル IP アドレスとフローティング IP アドレスが eth1 にあります。フェイルオーバーが発生すると、インターネットに向けられている仮想インターフェースと仮想インターフェースに向けられているプライベートネットワークが同時にバックアップ LVS ルーターへ引き継ぎされます。プライベートネットワークにあるすべての実サーバーは、NAT ルーターのフローティング IP をアクティブ LVS ルーターと通信するデフォルトのルートとして使用します。こうすることで、インターフェースからの要求に応答する能力が維持されます。
この例では、LVS ルーターのパブリックフローティング IP アドレスとプライベート NAT フローティング IP アドレスが物理 NIC に割り当てられます。フローティング IP アドレスを LVS ルーターノード上のそれぞれの物理デバイスに関連付けることは可能ですが、3 つ以上の NIC を使用する必要はありません。
このトポロジーを使うと、アクティブ LVS ルーターは要求を受信して適切なサーバーにルーティングします。実サーバーはその要求を処理してパケットを LVS ルーターに返します。LVS ルーターはネットワークアドレス変換を使ってパケット内の実サーバーのアドレスを LVS ルーターのパブリック VIP アドレスに置き換えます。実サーバーの本当の IP アドレスは要求を行っているクライアントからは見えないよう隠しているため、IP マスカレード と呼ばれます。
NAT ルーティングを使用する場合は、実サーバーにするマシンの種類や稼働させるオペレーティングシステムの種類に制限はありません。ただし、発信要求および着信要求のいずれも LVS ルーターで処理しなければならないため、大規模なクラスター導入の場合には LVS ルーターがボトルネックとなる場合があります。
\ipvs モジュールは、iptables および ip6tables NAT とは独立した独自の NAT ルーティングを使用します。これにより、実サーバーが /etc/keepalived/keepalived.conf ファイルで DR ではなく NAT に対して設定されている場合に、IPv4 と IPv6 NAT の両方に対応します。