Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3. 設定の組み合わせ

使用するルーティングメソッドを決定した後、ハードウェアを接続し、設定する必要があります。
重要
LVS ルーター上のネットワークアダプターは、同じネットワークにアクセスするように設定する必要があります。たとえば、eth0 がパブリックネットワークに接続し、eth1 がプライベートネットワークに接続する場合、バックアップ LVS ルーター上の同じデバイスは同じネットワークに接続する必要があります。
また、起動時に最初に出現するインターフェースにリストされているゲートウェイは、ルーティングテーブルに追加され、他のインターフェースにリストされているそれ以降のゲート ウェイは無視されます。これは、実サーバーを設定する場合に特に考慮すべき重要点です。
ハードウェアをネットワークに接続したら、プライマリーおよびバックアップ LVS ルーターでネットワークインターフェースを設定します。これには、ネットワーク設定ファイルを手作業で編集する必要があります。ネットワーク設定ファイルの編集に関する詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7 ネットワークガイドを参照してください。

3.3.1. 一般的なロードバランサーネットワーキングのヒント

Keepalived を使用してロードバランサーを設定する前に、LVS ルーターのパブリックおよびプライベートネットワークにリアル IP アドレスを設定します。各トポロジーのセクションには、ネットワークアドレスの例が記載されていますが、実際のネットワークアドレスが必要になります。以下は、ネットワークインターフェースを起動し、状態をチェックするのに便利なコマンドの一部になります。
実ネットワーキングインターフェースの起動
実ネットワークインターフェースを開くには、root で以下のコマンドを実行します。N の部分をインターフェースの番号 (eth0 および eth1) に置き換えます。
ifup ethN
警告
ifup スクリプトで、Keepalived を使用して設定するフローティング IP アドレス (eth0:1 または eth1:1) を開かないでくださいサービス または systemctl コマンドを使用して keepalived を代わりに起動します。
実ネットワークインターフェースの停止
実ネットワークインターフェースを停止するには、root で以下のコマンドを実行します。N の部分をインターフェースの番号 (eth0 および eth1) に置き換えます。
ifdown ethN
ネットワークインターフェースのステータスチェック
ある時点でどのネットワークインターフェースが起動しているかをチェックするには、以下のコマンドを実行します。
ip link
マシンのルーティングテーブルを表示するには、以下のコマンドを実行します。
ip route