Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.2. 3 層の keepalived ロードバランサーの設定

図2.2「3 層のロードバランサーの設定」 は、典型的な 3 層 Keepalived ロードバランサートポロジーを示しています。この例では、アクティブ LVS ルーターは要求をインターネットから実サーバーのプールにルーティングします。その後、実サーバーはネットワーク上で共有データソースにアクセスします。

図2.2 3 層のロードバランサーの設定

3 層のロードバランサーの設定
この設定は、アクセス可能なデータが中央の高可用性サーバーに保存され、エクスポートされた NFS ディレクトリーまたは Samba による共有を用いて各実サーバーによってアクセスされるビジーな FTP サーバーの場合に適しています。このトポロジーは、トランザクションのために中央の高可用性データベースにアクセスする Web サイトにも推奨されます。また、ロードバランサーでアクティブ-アクティブ設定を使用すると、管理者はこれら両方の役割を同時に果たす高可用性クラスターを設定することもできます。
上記の例では、第 3 層でロードバランサーを使う必要はありませんが、高可用性のソリューションを使わないと重大な単一障害点となります。