Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.7. 「パケット転送および非ローカルバインディングの有効化」

Keepalived サービスが適切にネットワークパケットを実サーバーへ転送するには、各ルーターノードのカーネルで IP 転送が有効になっている必要があります。root としてログインし、/etc/sysctl.confnet.ipv4.ip_forward = 0 を読み取る行を以下のように変更します。
net.ipv4.ip_forward = 1
システムを再起動すると変更が反映されます。
HAProxy と Keepalived で同時に負荷分散を行うには、ローカルシステムのデバイスに割り当てられていない非ローカル の IP アドレスへバインドする機能が必要になります。この機能により、フェイルオーバーの発生時に稼働しているロードバランサーインスタンスがローカルでない IP アドレスへバインドできるようになります。
この機能を有効にするには、/etc/sysctl.conf にある行 net.ipv4.ip_nonlocal_bind を以下に変更します。
net.ipv4.ip_nonlocal_bind = 1
システムを再起動すると変更が反映されます。
IP 転送が有効になっているのを確認するには、root で以下のコマンドを実行します。
/usr/sbin/sysctl net.ipv4.ip_forward
非ローカルバインディングが有効になっていることを確認するには、root で以下のコマンドを実行します。
/usr/sbin/sysctl net.ipv4.ip_nonlocal_bind
設定が有効になっていれば、上記の両方のコマンドが 1 を返します。