Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.2. グローバル設定

global セッティングでは HAProxy を実行するサーバーすべてに適用するパラメーターを設定します。一般的な global セクションは以下のようになります。
 
global
    log 127.0.0.1 local2
    maxconn 4000
    user haproxy
    group haproxy
    daemon
上記の設定では、サービスはすべてのエントリーをローカルの syslog サーバーに log するよう設定します。デフォルトでは /var/log/syslog またはユーザーが指定する場所になる場合があります。
maxconn パラメーターではサービスの並列接続の最大数を指定しています。デフォルトの最大数は 2000 です。
usergroup のパラメーターは haproxy プロセスが属するユーザー名とグループ名を指定します。
daemon パラメーターでは haproxy がバックグラウンドプロセスとして実行されるよう指定しています。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。