Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.3. デフォルトの設定

default のセッティングでは設定内の全プロキシサブセクションに適用されるパラメーターを設定します (frontendbackendlisten)。一般的な default セクションは以下のようになります。
注記
proxy サブセクション (frontendbackendlisten または default) で設定されているパラメーターは、 のパラメーター値よりも優先されます。
 
defaults
    mode                    http
    log                     global
    option                  httplog
    option                  dontlognull
    retries                 3
    timeout http-request    10s
    timeout queue           1m
    timeout connect         10s
    timeout client          1m
    timeout server          1m
mode HAProxy インスタンスのプロトコルを指定します。http モードを使用するとソースの要求は HTTP に応じて実サーバーに接続されるため、web サーバーの負荷分散を行う場合に理想的です。他のアプリケーションの場合は tcp モードを使用してください。
log ではログのエントリーが書き込まれる syslog ファシリティとログアドレスを指定しています。global の値は global セクションの log パラメーターに指定されている HAProxy インスタンスを指しています。
option httplog は HTTP 要求、セッション状態、接続数、ソースアドレス、他の値内での接続タイマーなど、HTTP セッションの各種の値のログ記録を有効にしています。
option dontlognull は null 接続のログ記録を無効にしています。つまり、HAProxy はデータが転送されなかった場合の接続はログ記録しないということです。この設定はインターネット経由の web アプリケーションを使用するなどの環境、つまり脆弱性を狙ってポートスキャンを開くなど悪意のある動きを null 接続で検出できるような場合には推奨できません。
retries では最初の接続試行に失敗した後、実サーバーに再接続の要求を何回行わせるかを指定しています。
timeout の値は、指定の要求、接続、または応答の非アクティブな時間の長さを指定します。これらの値は、明示的な指定がある場合を除きミリ秒単位で指定されます。ただし、数値に単位を接頭辞として追加することで、他の単位でも示すことが可能です。サポートされる単位は、us (マイクロ秒)、ms (ミリ秒)、s (秒)、m (分)、h (時間)、および d (日) です。http-request 10s クライアントからの完全な HTTP 要求を待つには 10 秒間指定します。queue 1m 接続がドロップされるまで待機する時間を 1 分に設定し、クライアントは 503 または「Service Unavailable」エラーを受け取ります。connect 10s サーバーへの正常な接続を待機する秒数を指定します。client 1m クライアントが非アクティブなままになる時間 (分単位) を指定します (アクティブでないか、データを送信しません)。server 1m タイムアウトが発生するまでにサーバーがデータを許可または送信するよう付与される時間 (分単位) を指定します。