Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

26.7. OCSP 応答の設定

IdM サーバーと統合したすべての CA は、内部のオンライン証明書ステータスプロトコル(OCSP)レスポンダーを使用します。OCSP レスポンダーへのアクセスを許可する IdM サービスは、http://ca-server.example.com/ca/ocsp で利用できます。クライアントはこの URL に接続して、証明書の有効性を確認できます。
注記
OCSP の詳細は、Red Hat Certificate System のドキュメント を参照してください。例: 2.2.4『『Planning, Installation, and Deployment Guide』の「Revoking Certificates and Checking Status」』 を参照してください

26.7.1. CRL 更新間隔の変更

CRL ファイルは、デフォルトで 4 時間ごとに IdM CA により自動的に生成されます。この間隔を変更するには、以下を実行します。
  1. CA サーバーを停止します。
    # systemctl stop pki-tomcatd@pki-tomcat.service
  2. /var/lib/pki/pki-tomcat/conf/ca/CS.cfg ファイルを開き、ca.crl.MasterCRL.autoUpdateInterval の値を新しい間隔設定に変更します。たとえば、60 分ごとに CRL を生成するには、次のコマンドを実行します。
    ca.crl.MasterCRL.autoUpdateInterval=60
    注記
    ca.crl.MasterCRL.autoUpdateInterval パラメーターを更新すると、次の CRL の更新後に変更が反映されます。
  3. CA サーバーを起動します。
    # systemctl start pki-tomcatd@pki-tomcat.service

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。