Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第11章 ユーザーアカウントの管理

本章は、ユーザーアカウントの一般的な管理および設定について説明します。

11.1. ユーザーホームディレクトリーの設定

すべてのユーザーにホームディレクトリーが設定されていることが推奨されます。デフォルトのユーザーのホームディレクトリーの場所は /home/ ディレクトリーにあります。たとえば、IdM は、user_login login のユーザーに、ホームディレクトリーが /home/user_login に設定されていることを予想します。
注記
ipa config-mod コマンドを使用すると、ユーザーのホームディレクトリーのデフォルトの場所を変更できます。
IdM は、ユーザーのホームディレクトリーを自動的に作成しません。ただし、PAM ホームディレクトリーモジュールを設定して、ユーザーのログイン時にホームディレクトリーを自動的に作成できます。または、NFS 共有および automount ユーティリティーを使用して、ホームディレクトリーを手動で追加できます。

11.1.1. PAM ホームディレクトリーモジュールを使用したホームディレクトリーの自動マウント

サポートされる PAM ホームディレクトリーモジュール

PAM ホームディレクトリーモジュールが、IdM ドメインへのログイン時にユーザー用のホームディレクトリーを自動的に作成するように設定するには、次のいずれかの PAM モジュールを使用します。
  • pam_oddjob_mkhomedir
  • pam_mkhomedir
IdM は、最初に pam_oddjob_mkhomedir の使用を試みます。このモジュールがインストールされていない場合は、IdM が、代わりに pam_mkhomedir の使用を試行します。
注記
NFS 共有での新規ユーザー用のホームディレクトリーの自動作成はサポートされていません。

PAM ホームディレクトリーモジュールの設定

PAM ホームディレクトリーモジュールを有効にすると、ローカルに影響があります。したがって、必要な各クライアントおよびサーバーでモジュールを個別に有効にする必要があります。
サーバーまたはクライアントのインストール時にモジュールを設定するには、マシンのインストール時に ipa-server-install ユーティリティーまたは ipa-client-install ユーティリティーと共に --mkhomedir オプションを使用します。
インストール済みのサーバーまたはクライアントにモジュールを設定するには、authconfig ユーティリティーを使用します。以下に例を示します。
# authconfig --enablemkhomedir --update

11.1.2. ホームディレクトリーの手動マウント

NFS ファイルサーバーを使用して、IdM ドメイン内の全マシンが利用できる /home/ ディレクトリーを指定し、次に automount ユーティリティーを使用して IdM マシンにディレクトリーをマウントできます。

NFS 使用時の潜在的な問題

NFS を使用すると、パフォーマンスとセキュリティーに悪影響を及ぼす可能性があります。たとえば、NFS を使用することで、NFS ユーザーへの root アクセスの付与、/home/ ディレクトリーツリー全体を読み込むパフォーマンスの問題、ホームディレクトリーのリモートサーバーを使用する際のネットワークパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。
これらの問題の影響を軽減するために、以下のガイドラインに従うことが推奨されます。
  • automount を使用して、ユーザーのホームディレクトリーのみをマウントし、ユーザーのログイン時にのみマウントします。/home/ ツリー全体を読み込むのに使用しないでください。
  • 制限されたパーミッションを持つリモートユーザーを使用してホームディレクトリーを作成し、このユーザーとして IdM サーバーに共有をマウントします。IdM サーバーは httpd プロセスとして実行されるので、sudo または同様のプログラムを使用して IdM サーバーへの限定的なアクセスを付与し、NFS サーバーにホームディレクトリーを作成できます。

NFS および自動マウントを使用したホームディレクトリーの設定

NFS 共有と自動マウントを使用して、ホームディレクトリーを別の場所から IdM サーバーに手動で追加するには、次のコマンドを実行します。
  1. ユーザーディレクトリーマップ用に新しい場所を作成します。
    $ ipa automountlocation-add userdirs
    Location: userdirs
  2. 新しい場所の auto.direct ファイルに直接マッピングを追加します。auto.direct ファイルは、ipa-server-install ユーティリティーが自動作成される automount マップです。以下の例では、マウントポイントは /share です。
    $ ipa automountkey-add userdirs auto.direct --key=/share --info="-ro,soft, server.example.com:/home/share"
    
    Key: /share
    Mount information: -ro,soft, server.example.com:/home/share
IdM で自動マウントを使用する方法は 34章自動マウントの使用、を参照してください

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。