Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.4. ユーザープライベートグループの無効化

IdM が新規ユーザー用にデフォルトのユーザープライベートグループを作成しないようにするには、以下のいずれかを選択します。
デフォルトのユーザープライベートグループの作成を無効にした後でも、IdM には新しいユーザーの追加時に GID が必要になります。ユーザーの追加が正常に行われたことを確認するには、「ユーザープライベートグループが無効であるユーザーの追加」 を参照してください。
注記
GID の競合が原因でデフォルトのユーザープライベートグループの作成を無効にする場合は、デフォルトの UID および GID の割り当て範囲を変更することを検討してください。14章一意の UID および GID 番号の割り当てを参照してください。

13.4.1. ユーザープライベートグループのないユーザーの作成

ipa user-add コマンドに --noprivate オプションを追加します。コマンドを成功させるには、カスタムプライベートグループを指定する必要があることに注意してください。「ユーザープライベートグループが無効であるユーザーの追加」を参照してください。