A.5. サービスが起動に失敗する理由の確認

  1. 起動に失敗しているサービスのログをチェックします。「Identity Management ログファイルおよびディレクトリー」 を参照してください。
    たとえば、Directory Server のログは /var/log/dirsrv/slapd-IPA-EXAMPLE-COM/errors にあります。
  2. サービスを稼働するサーバーに完全修飾ドメイン名 (FQDN) があることを確認します。「サーバーのホスト名の検証」 を参照してください。
  3. /etc/hosts ファイルにサービスを稼働するサーバーのエントリーが含まれている場合は、完全修飾ドメイン名が最初に記載されているかどうかを確認します。/etc/hosts ファイル」 を参照してください。
  4. 「ホスト名および DNS の設定」 にある他の条件も満たしていることを確認します。
  5. サービスの認証に使用されるキータブにどのキーが含まれているか判定します。たとえば、dirsrv サービスのチケットは以下のようになります。
    # klist -kt /etc/dirsrv/ds.keytab
    Keytab name: FILE:/etc/dirsrv/ds.keytab
    KVNO Timestamp           Principal
    ---- ------------------- ------------------------------------------------------
       2 01/10/2017 14:54:39 ldap/server.example.com@EXAMPLE.COM
       2 01/10/2017 14:54:39 ldap/server.example.com@EXAMPLE.COM
       [... output truncated ...]
    1. 表示されているプリンシパルがシステムの FQDN に一致していることを確認します。
    2. 上記の表示されているサービスキータブ内のキーのバージョン (KVNO) がサーバーのキータブにある KVNO と一致していることを確認します。サーバーのキータブを表示するには、以下を実行します。
      $ kinit admin
      $ kvno ldap/server.example.com@EXAMPLE.COM
    3. クライアント上の正引き (A, AAAA, または両方) および逆引きレコードが表示されているシステム名およびサービスプリンシパルと一致することを確認します。
  6. クライアント上の正引き (A, AAAA, または両方) および逆引きレコードが正しいことを確認します。
  7. クライアントとサーバーとのシステムの時間差が 5 分以内であることを確認します。
  8. IdM 管理サーバーの証明書の有効期限が切れると、サービスが起動に失敗することがあります。これが当てはまるかどうかを判定するには、以下を実行します。
    1. getcert list コマンドを使用して、certmonger ユーティリティーが追跡している証明書をすべて一覧表示します。
    2. その出力で、IdM 管理証明書である ldaphttpd のサーバー証明書を見つけます。
    3. statusexpires のフィールドをチェックします。
      # getcert list
      Number of certificates and requests being tracked: 8.
      [... output truncated ...]
      Request ID '20170421124617':
      	status: MONITORING
      	stuck: no
      	key pair storage: type=NSSDB,location='/etc/dirsrv/slapd-IPA-EXAMPLE-COM',nickname='Server-Cert',token='NSS Certificate DB',pinfile='/etc/dirsrv/slapd-IPA-EXAMPLE-COM/pwdfile.txt'
      	certificate: type=NSSDB,location='/etc/dirsrv/slapd-IPA-EXAMPLE-COM',nickname='Server-Cert',token='NSS Certificate DB'
      	CA: IPA
      	issuer: CN=Certificate Authority,O=IPA.EXAMPLE.COM
      	subject: CN=ipa.example.com,O=IPA.EXAMPLE.COM
      	expires: 2019-04-22 12:46:17 UTC
      [... output truncated ...]
      Request ID '20170421130535':
      	status: MONITORING
      	stuck: no
      	key pair storage: type=NSSDB,location='/etc/httpd/alias',nickname='Server-Cert',token='NSS Certificate DB',pinfile='/etc/httpd/alias/pwdfile.txt'
      	certificate: type=NSSDB,location='/etc/httpd/alias',nickname='Server-Cert',token='NSS Certificate DB'
      	CA: IPA
      	issuer: CN=Certificate Authority,O=IPA.EXAMPLE.COM
      	subject: CN=ipa.example.com,O=IPA.EXAMPLE.COM
      	expires: 2019-04-22 13:05:35 UTC
      [... output truncated ...]
    証明書の有効期限が切れていてもサービスを起動する必要がある場合は、「IdM を有効期限の切れた証明書で起動できるようにする方法」 を参照してください。