B.4. ログインと認証の問題

B.4.1. ipa コマンド実行時の Kerberos GSS の失敗

サーバーのインストール直後に ipa コマンドを実行しようとすると、以下のような Kerberos エラーが発生します。
ipa: ERROR: Kerberos error: ('Unspecified GSS failure.  Minor code may provide more information', 851968)/('Decrypt integrity check failed', -1765328353)

エラー内容:

DNS が正しく設定されていません。

解決方法:

DNS 設定をチェックします。

B.4.2. GSS-API 使用時の SSH 接続の失敗

SSH を使用したユーザーの IdM マシンへのログインが失敗します。

エラー内容:

SSH がセキュリティーに GSS-API を使用して IdM リソースに接続しようとすると、GSS-API は最初に DNS レコードを検証します。SSH の失敗は、多くの場合、逆引き DNS エントリーが間違っていることが原因です。レコードが間違っていると、SSH は IdM リソースの場所を特定できません。

解決方法:

「ホスト名および DNS の設定」 にあるように DNS 設定をチェックします。
一時的な回避策としては、SSH 設定内で逆引き DNS 検索を無効にすることもできます。これを実行するには、/etc/ssh/ssh_config ファイル内で GSSAPITrustDNSno に設定します。逆引き DNS レコードを使用する代わりに、SSH は特定のユーザー名を GSS-API に直接渡します。

B.4.3. OTP トークンが同期されない問題

トークンが非同期なため、OTP を使った認証が失敗します。

解決方法:

トークンを再同期します。トークンはその種類や、ユーザーにトークン設定変更のパーミッションがあるかどうかに関わらず、だれでも再同期することができます。
  1. IdM web UI では、ログインページの Sync OTP Token をクリックします。
    OTP トークンの同期

    図B.1 OTP トークンの同期

    コマンドラインでは、ipa otptoken-sync コマンドを実行します。
  2. トークンの再同期に必要な情報を提供します。たとえば、IdM は標準パスワードとトークンが生成する 2 つのトークンコードを要求します。

    注記

    再同期は、パスワードの有効期限が切れていても、実行できます。期限切れのパスワードを使用してトークンを再同期した後に IdM にログインすると、システムがパスワードの変更を要求します。

B.4.4. スマートカード認証でタイムアウトエラーメッセージが出て失敗する問題

sssd_pam.logsssd_EXAMPLE.COM.log のファイルに以下のようなタイムアウトのエラーメッセージが含まれます。
Wed Jun 14 18:24:03 2017) [sssd[pam]] [child_handler_setup] (0x2000):
Setting up signal handler up for pid [12370]
(Wed Jun 14 18:24:03 2017) [sssd[pam]] [child_handler_setup] (0x2000): Signal
handler set up for pid [12370]
(Wed Jun 14 18:24:08 2017) [sssd[pam]] [pam_initgr_cache_remove] (0x2000):
[idmeng] removed from PAM initgroup cache
(Wed Jun 14 18:24:13 2017) [sssd[pam]] [p11_child_timeout] (0x0020): Timeout
reached for p11_child.
(Wed Jun 14 18:24:13 2017) [sssd[pam]] [pam_forwarder_cert_cb] (0x0040):
get_cert request failed.
(Wed Jun 14 18:24:13 2017) [sssd[pam]] [pam_reply] (0x0200): pam_reply called
with result [4]: System error.

エラー内容:

転送されたスマートカードリーダーやオンライン証明書状態プロトコル (OCSP) を使用する場合は、ユーザーがスマートカードを使って認証できるようにするために、特定のデフォルト値を調整する必要がある場合があります。

解決方法:

認証先のサーバーまたはクライアントで、/etc/sssd/sssd.conf ファイルに変更を加えます。
  1. [pam] セクションの p11_child_timeout の値を 60 秒に増やします。
  2. [domain/EXAMPLE.COM] セクションの krb5_auth_timeout の値を 60 秒に増やします。
  3. 証明書で OCSP を使用している場合は、OCSP サーバーに到達できることを確認します。OCSP サーバーに直接到達できない場合は、プロキシー OCSP サーバー設定で /etc/sssd/sssd.conf に以下のオプションを追加します。
    certificate_verification = ocsp_default_responder=http://ocsp.proxy.url,
    ocsp_default_responder_signing_cert=nickname
    nickname を、/etc/pki/nssdb/ ディレクトリー内の証明書に署名する OCSP のニックネームに置き換えます。
    これらのオプションの詳細については、sssd.conf(5) man ページを参照してください。