16.5. サービスエントリーの無効化および再有効化

アクティブなサービスは、ドメイン内の他のサービスやホスト、ユーザーからアクセス可能です。アクティビティーからホストやサービスを削除する必要がある場合もあります。ただし、サービスやホストを削除するとエントリーやすべての関連する設定も永続的に削除されてしまいます。

16.5.1. サービスエントリーの無効化

サービスを無効にすると、サービスをドメインから永久に削除することなくドメインユーザーがサービスにアクセスすることを防ぎます。これは service-disable コマンドを使用することで実行できます。
サービスを無効にするには、サービスのプリンシパルを指定します。
[jsmith@ipaserver ~]$ kinit admin
[jsmith@ipaserver ~]$ ipa service-disable HTTP/server.example.com

重要

ホストエントリーを無効にすると、ホストだけでなくそのホスト上で設定されているすべてのサービスが無効になります。

16.5.2. サービスの再有効化

サービスを無効にすると、現行のアクティブな keytab を強制終了することになります。keytab を削除すると、設定エントリーに触れることなく IdM ドメインから該当サービスが削除されます。
サービスを再度有効にするには、ipa-getkeytab コマンドを使用するだけです。-s オプションはどの IdM サーバーに keytab を要求するかを設定し、-p はプリンシパル名を提示し、-k では keytab を保存するファイルを提供します。
新規の HTTP keytab を要求する場合は、以下のようになります。
[root@ipaserver ~]# ipa-getkeytab -s ipaserver.example.com -p HTTP/server.example.com -k /etc/httpd/conf/krb5.keytab -e aes256-cts