Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

D.3.6. レプリカの削除

レプリカ を削除または降格 すると、トポロジーから IdM レプリカが削除され、IdM 要求が処理されなくなります。また、IdM ドメインからホストマシンも削除します。
レプリカを削除するには、レプリカで以下の手順を実行します。
  1. IdM ドメインのレプリカ合意の一覧を表示します。この出力では、レプリカのホスト名を書き留めます。
    $ ipa-replica-manage list
    server1.example.com: master
    server2.example.com: master
    server3.example.com: master
    server4.example.com: master
  2. ipa-replica-manage del コマンドを使用して、レプリカに設定したすべての合意と、レプリカに関するすべてのデータを削除します。
    $ ipa-replica-manage del server3.example.com
  3. レプリカが独自の CA で設定されている場合は、ipa-csreplica-manage del コマンドを使用して、すべての証明書サーバーのレプリカ合意を削除します。
    $ ipa-csreplica-manage del server3.example.com
    注記
    この手順は、レプリカ自体が IdM CA で設定されている場合にのみ必要です。マスターサーバーまたは他のレプリカのみが CA で設定されていた場合は必要ありません。
  4. IdM サーバーパッケージをアンインストールします。
    $ ipa-server-install --uninstall -U