4.3. レプリカのインストールの前提条件

レプリカのインストール要件は、IdM サーバーのものと同じです。レプリカのマシンが「サーバーインストールの前提条件」に記載の前提条件すべてを満たすようにしてください。
一般的なサーバー要件に加え、以下の条件を満たす必要があります。
レプリカは、IdM と同じか、最新バージョンを実行している必要があります。
たとえば、マスターサーバーは Red Hat Enterprise Linux 7 で実行されており、IdM 4.4 パッケージを使用する場合には、レプリカは Red Hat Enterprise Linux 7 以降のバージョンで実行し、IdM のバージョン 4.4 以降を使用する必要があります。これにより、サーバーからレプリカに設定が正しくコピーされるようになります。

重要

IdM は、マスターのバージョンより前のバージョンのレプリカ作成をサポートしません。以前のバージョンを使ってレプリカを作成しようとすると、インストールが失敗します。
レプリカには、追加でポートを解放しておく必要があります。
「ポート要件」の説明にある標準の IdM サーバーポート要件に加え、以下も満たす必要があります。
  • ドメインレベル 0 では、レプリカ設定プロセス中は TCP ポート 22 を解放した状態にしておいてください。このポートは、マスターサーバーへの接続に SSH を使用するために必要です。

    注記

    ドメインレベルの詳細は7章ドメインレベルの表示と引き上げを参照してください。
  • サーバーの中の 1 台において Red Hat Enterprise Linux 6 を実行し、CA をインストールしている場合には、レプリカの設定時とその後は TCP ポート 7389 も解放するようにしてください。Red Hat Enterprise Linux 7 環境では、ポート 7389 は必要ありません。
firewall-cmd ユーティリティーを使用してポートを解放する方法は「ポート要件」を参照してください。