Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

21.5.3.5. 自動マウントマップの移行

自動マウントマップは、場所 (親エントリー)、関連のキー、およびマップを定義する入れ子および相互関連のエントリーです。NIS 自動マウントマップを IdM に移行するには、以下を実行します。
  1. 以下の内容で /root/nis-automounts.sh スクリプトを作成します。
    #!/bin/sh
    # $1 is for the automount entry in ipa
    
    ipa automountlocation-add $1
    
    # $2 is the NIS domain, $3 is the NIS master server, $4 is the map name
    ypcat -k -d $2 -h $3 $4 > /dev/shm/nis-map.$4 2>&1
    
    ipa automountmap-add $1 $4
    
    basedn=$(ipa env basedn | tr -d '[:space:]' | cut -f2 -d:)
    cat > /tmp/amap.ldif <<EOF
    dn: nis-domain=$2+nis-map=$4,cn=NIS Server,cn=plugins,cn=config
    objectClass: extensibleObject
    nis-domain: $2
    nis-map: $4
    nis-base: automountmapname=$4,cn=$1,cn=automount,$basedn
    nis-filter: (objectclass=*)
    nis-key-format: %{automountKey}
    nis-value-format: %{automountInformation}
    EOF
    ldapadd -x -h $3 -D "cn=Directory Manager" -W -f /tmp/amap.ldif
    
    IFS=$'\n'
    for line in $(cat /dev/shm/nis-map.$4); do
    	IFS=" "
    	key=$(echo "$line" | awk '{print $1}')
    	info=$(echo "$line" | sed -e "s#^$key[ \t]*##")
    	ipa automountkey-add nis $4 --key="$key" --info="$info"
    done
    このスクリプトでは、NIS 自動マウント情報のエクスポート、自動マウントの場所と関連マップの LDAP データ交換形式 (LDIF) の生成、IdM Directory Server への LDIF ファイルのインポートが行われます。詳細は、「自動マウントマップの NIS クライアントへの公開」を参照してください。
  2. IdM admin ユーザーとして認証します。
    [root@nis-server ~]# kinit admin
  3. スクリプトを実行します。以下に例を示します。
    [root@nis-server ~]# sh /root/nis-automounts.sh location nisdomain \
         nis-master.example.com map_name