21.5. NIS から IdM への移行

既存の NIS サーバーから Identity Management (IdM) に移行するには、以下のステップを実行します。

21.5.1. IdM でのネットグループエントリーの準備

移行前に、現行の NIS サーバーで管理されている ID を確認します。
ユーザーエントリー
NIS が提供しているユーザー情報を使用しているアプリケーションを判定します。sudo などのユーティリティーは NIS netgroup を必要としますが、通常の UNIX グループを使用できるものもあります。
移行は、以下の手順で実行します。
  1. 対応するユーザーアカウントを IdM に作成します。「ユーザーエントリーの移行」 を参照してください。
  2. さらに netgroup が必要な場合は、以下を実行します。
    1. netgroup を追加します。「Netgroup の追加」 を参照してください。
    2. ユーザーを netgroup に追加します。「Netgroup エントリーの移行」 を参照してください。
ホストエントリー
IdM でホストグループを作成すると、対応するシャドウ NIS グループが自動的に作成されます。これらのネットグループは、ipa netgroup-* コマンドを使って管理します。
直接変換の場合
ユーザーおよびホストエントリーですべて同じ名前を使用する必要がある場合は、IdM 内の同一名を使用してエントリーを作成します。
  1. netgroup で参照されているユーザーすべてについてエントリーを作成します。
  2. netgroup で参照されているホストすべてについてエントリーを作成します。
  3. 元の netgroup と同じ名前の netgroup を作成します。
  4. ユーザーとホストをこの netgroup の直接のメンバーとして追加します。ユーザーおよびホストがグループまたはホストグループのメンバーである場合は、これらのグループを netgroup に追加します。

21.5.2. Identity Management で NIS リスナーを有効にする

21.5.3. 既存 NIS データのインポートおよびエクスポート

NIS サーバーには、ユーザー、グループ、ホスト、netgroup、および自動マウントマップの情報が含まれます。これらのエントリータイプはいずれも IdM に移行することができます。
以下のセクションでは、ypcat コマンドを使ってデータをNIS サーバーからエクスポートし、その出力を使用して対応する ipa *-add コマンドでエントリーを IdM にインポートします。

21.5.3.1. ユーザーエントリーの移行

NIS passwd マップには、UID、プライマリーグループ、GECOS、シェル、およびホームディレクトリーなどのユーザー情報が含まれます。このデータを使用して NIS ユーザーアカウントを IdM に移行します。
  1. オプションで、弱いパスワードのサポートが必要な場合は、「NIS ユーザー認証用に脆弱なパスワードハッシュを有効にする」 を参照してください。
  2. 以下のコンテンツで /root/nis-users.sh スクリプトを作成します。
    #!/bin/sh
    # $1 is the NIS domain, $2 is the NIS master server
    ypcat -d $1 -h $2 passwd > /dev/shm/nis-map.passwd 2>&1
    
    IFS=$'\n'
    for line in $(cat /dev/shm/nis-map.passwd) ; do
    	IFS=' '
    	username=$(echo $line | cut -f1 -d:)
    	# Not collecting encrypted password because we need cleartext password
    	# to create kerberos key
    	uid=$(echo $line | cut -f3 -d:)
    	gid=$(echo $line | cut -f4 -d:)
    	gecos=$(echo $line | cut -f5 -d:)
    	homedir=$(echo $line | cut -f6 -d:)
    	shell=$(echo $line | cut -f7 -d:)
    
    	# Now create this entry
    	echo passw0rd1 | ipa user-add $username --first=NIS --last=USER \
    	     --password --gidnumber=$gid --uid=$uid --gecos=$gecos --homedir=$homedir \
    	     --shell=$shell
    	ipa user-show $username
    done 
  3. IdM admin ユーザーとして認証します。
    [root@nis-server ~]# kinit admin
  4. 以下のようにスクリプトを実行します。
    [root@nis-server ~]# sh /root/nis-users.sh nisdomain nis-master.example.com

    注記

    このスクリプトはハードコーディングされた値を性、名に使用し、パスワードを passw0rd1 に設定します。ユーザーは次回ログイン時にこのパスワードを変更する必要があります。

21.5.3.2. グループエントリーの移行

NIS group マップには、グループ名、GID、グループメンバーなどのグループ情報が含まれます。このデータを使用して NIS グループを IdM に移行します。
  1. 以下のコンテンツで /root/nis-groups.sh スクリプトを作成します。
    #!/bin/sh
    # $1 is the NIS domain, $2 is the NIS master server
    ypcat -d $1 -h $2 group > /dev/shm/nis-map.group 2>&1
    
    IFS=$'\n'
    for line in $(cat /dev/shm/nis-map.group); do
    	IFS=' '
    	groupname=$(echo $line | cut -f1 -d:)
    	# Not collecting encrypted password because we need cleartext password
    	# to create kerberos key
    	gid=$(echo $line | cut -f3 -d:)
    	members=$(echo $line | cut -f4 -d:)
    
    	# Now create this entry
    	ipa group-add $groupname --desc=NIS_GROUP_$groupname --gid=$gid
    	if [ -n "$members" ]; then
    		ipa group-add-member $groupname --users={$members}
    	fi
    	ipa group-show $groupname
    done 
  2. IdM admin ユーザーとして認証します。
    [root@nis-server ~]# kinit admin
  3. 以下のようにスクリプトを実行します。
    [root@nis-server ~]# sh /root/nis-groups.sh nisdomain nis-master.example.com

21.5.3.3. ホストエントリーの移行

NIS hosts マップには、ホスト名や IP アドレスなどのホスト情報が含まれます。このデータを使用して NIS ホストエントリーを IdM に移行します。
  1. 以下のコンテンツで /root/nis-hosts.sh スクリプトを作成します。
    #!/bin/sh
    # $1 is the NIS domain, $2 is the NIS master server
    ypcat -d $1 -h $2 hosts | egrep -v "localhost|127.0.0.1" > /dev/shm/nis-map.hosts 2>&1
    
    IFS=$'\n'
    for line in $(cat /dev/shm/nis-map.hosts); do
    	IFS=' '
    	ipaddress=$(echo $line | awk '{print $1}')
    	hostname=$(echo $line | awk '{print $2}')
    	master=$(ipa env xmlrpc_uri | tr -d '[:space:]' | cut -f3 -d: | cut -f3 -d/)
    	domain=$(ipa env domain | tr -d '[:space:]' | cut -f2 -d:)
    	if [ $(echo $hostname | grep "\." |wc -l) -eq 0 ] ; then
    		hostname=$(echo $hostname.$domain)
    	fi
    	zone=$(echo $hostname | cut -f2- -d.)
    	if [ $(ipa dnszone-show $zone 2>/dev/null | wc -l) -eq 0 ] ; then
    		ipa dnszone-add --name-server=$master --admin-email=root.$master
    	fi
    	ptrzone=$(echo $ipaddress | awk -F. '{print $3 "." $2 "." $1 ".in-addr.arpa."}')
    	if [ $(ipa dnszone-show $ptrzone 2>/dev/null | wc -l) -eq 0 ] ; then
    		ipa dnszone-add  $ptrzone --name-server=$master --admin-email=root.$master
    	fi
    	# Now create this entry
    	ipa host-add $hostname --ip-address=$ipaddress
    	ipa host-show $hostname
    done
  2. IdM admin ユーザーとして認証します。
    [root@nis-server ~]# kinit admin
  3. 以下のようにスクリプトを実行します。
    [root@nis-server ~]# sh /root/nis-hosts.sh nisdomain nis-master.example.com

    注記

    このスクリプトでは、エイリアスなどの特定なホスト設定は移行されません。

21.5.3.4. Netgroup エントリーの移行

NIS netgroup マップには、netgroup についての情報が含まれます。このデータを使用して NIS netgroup を IdM に移行します。
  1. 以下のコンテンツで /root/nis-netgroups.sh スクリプトを作成します。
    #!/bin/sh
    # $1 is the NIS domain, $2 is the NIS master server
    ypcat -k -d $1 -h $2 netgroup > /dev/shm/nis-map.netgroup 2>&1
    
    IFS=$'\n'
    for line in $(cat /dev/shm/nis-map.netgroup); do
    	IFS=' '
    	netgroupname=$(echo $line | awk '{print $1}')
    	triples=$(echo $line | sed "s/^$netgroupname //")
    	echo "ipa netgroup-add $netgroupname --desc=NIS_NG_$netgroupname"
    	if [ $(echo $line | grep "(," | wc -l) -gt 0 ]; then
    		echo "ipa netgroup-mod $netgroupname --hostcat=all"
    	fi
    	if [ $(echo $line | grep ",," | wc -l) -gt 0 ]; then
    		echo "ipa netgroup-mod $netgroupname --usercat=all"
    	fi
    
    	for triple in $triples; do
    		triple=$(echo $triple | sed -e 's/-//g' -e 's/(//' -e 's/)//')
    		if [ $(echo $triple | grep ",.*," | wc -l) -gt 0 ]; then
    			hostname=$(echo $triple | cut -f1 -d,)
    			username=$(echo $triple | cut -f2 -d,)
    			domain=$(echo $triple | cut -f3 -d,)
    			hosts=""; users=""; doms="";
    			[ -n "$hostname" ] && hosts="--hosts=$hostname"
    			[ -n "$username" ] && users="--users=$username"
    			[ -n "$domain"   ] && doms="--nisdomain=$domain"
    			echo "ipa netgroup-add-member $hosts $users $doms"
    		else
    			netgroup=$triple
    			echo "ipa netgroup-add $netgroup --desc=NIS_NG_$netgroup"
    		fi
    	done
    done
  2. IdM admin ユーザーとして認証します。
    [root@nis-server ~]# kinit admin
  3. 以下のようにスクリプトを実行します。
    [root@nis-server ~]# sh /root/nis-netgroups.sh nisdomain nis-master.example.com

21.5.3.5. 自動マウントマップの移行

自動マウントマップは、場所 (親エントリー) と関連のキーおよびマップを定義する入れ子および相互関連のエントリーになります。以下の手順で NIS 自動マウントマップを IdM に移行します。
  1. 以下のコンテンツで /root/nis-automounts.sh スクリプトを作成します。
    #!/bin/sh
    # $1 is for the automount entry in ipa
    
    ipa automountlocation-add $1
    
    # $2 is the NIS domain, $3 is the NIS master server, $4 is the map name
    ypcat -k -d $2 -h $3 $4 > /dev/shm/nis-map.$4 2>&1
    
    ipa automountmap-add $1 $4
    
    basedn=$(ipa env basedn | tr -d '[:space:]' | cut -f2 -d:)
    cat > /tmp/amap.ldif <<EOF
    dn: nis-domain=$2+nis-map=$4,cn=NIS Server,cn=plugins,cn=config
    objectClass: extensibleObject
    nis-domain: $2
    nis-map: $4
    nis-base: automountmapname=$4,cn=$1,cn=automount,$basedn
    nis-filter: (objectclass=*)
    nis-key-format: %{automountKey}
    nis-value-format: %{automountInformation}
    EOF
    ldapadd -x -h $3 -D "cn=Directory Manager" -W -f /tmp/amap.ldif
    
    IFS=$'\n'
    for line in $(cat /dev/shm/nis-map.$4); do
    	IFS=" "
    	key=$(echo "$line" | awk '{print $1}')
    	info=$(echo "$line" | sed -e "s#^$key[ \t]*##")
    	ipa automountkey-add nis $4 --key="$key" --info="$info"
    done
    このスクリプトでは NIS 自動マウント情報がエクスポートされ、LDAP データ変換形式 (LDIF) の自動マウントの場所と関連マップが生成され、LDIF ファイルが IdM Directory Server にインポートされます。詳細については、「自動マウントマップの NIS クライアントへの公開」 を参照してください。
  2. IdM admin ユーザーとして認証します。
    [root@nis-server ~]# kinit admin
  3. 以下のようにスクリプトを実行します。
    [root@nis-server ~]# sh /root/nis-automounts.sh location nisdomain \
         nis-master.example.com map_name

21.5.4. NIS ユーザー認証用に脆弱なパスワードハッシュを有効にする

Directory Server コンポーネントのデフォルト設定を使用すると、userPassword 属性に保存されているパスワードはソルト付き SHA を使ってハッシュ化されます。お使いの NIS クライアントでパスワード用に脆弱なハッシュ化アルゴリズムが必要な場合は、パスワード保存スキームの設定を更新します。
脆弱なパスワードハッシュ化スキームの有効化は、userPassword 属性に保存されているパスワードにのみ影響があります。Kerberos はこの属性を使用しないので、この設定は Kerberos 暗号化に影響しないことに留意してください。
たとえば、CRYPT ハッシュ化パスワードを有効にするには、以下を実行します。
[root@server ~]# ldapmodify -D "cn=Directory Manager" -W -p 389 -h ipaserver.example.com -x
dn: cn=config
changetype: modify
replace: passwordStorageScheme
passwordStorageScheme: crypt

注記

パスワードハッシュは暗号化解除ができないため、Directory Server は既存のパスワードハッシュを変換しません。サーバーは、ストレージスキームの変更後に設定されたパスワードにのみ、新規パスワードストレージを適用します。