Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.2.2. Red Hat Enterprise Linux 6 の Identity Management スキーマの更新

copy-schema-to-ca.py スキーマ更新スクリプトは、rhel7.example.com レプリカのインストールに rhel6.example.com を準備します。Identity Management バージョン 3.1 以降間のスキーマ変更により、スキーマの更新が必要です。
  1. copy-schema-to-ca.py スキーマ更新スクリプトを rhel7.example.com システムから rhel6.example.com システムにコピーします。以下は例になります。
    [root@rhel7 ~]# scp /usr/share/ipa/copy-schema-to-ca.py root@rhel6:/root/
  2. rhel6.example.com で更新された copy-schema-to-ca.py スクリプトを実行します。
    [root@rhel6 ~]# python copy-schema-to-ca.py
    ipa         : INFO     Installed /etc/dirsrv/slapd-PKI-IPA//schema/60kerberos.ldif
    [... output truncated ...]
    ipa         : INFO     Schema updated successfully
  3. Red Hat Enterprise Linux 7 レプリカに接続する前に、認証局を実行するすべての Red Hat Enterprise Linux 6 IdM レプリカで手順を繰り返します。