Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.2.6. マスター CA サーバーの移行後の次のステップ

トポロジーにおける Red Hat Enterprise Linux 6 サーバーごとに、以下を行います。
  1. rhel7.example.com からレプリカファイルを作成します。
    注記
    Red Hat Enterprise Linux 6 サーバーから Red Hat Enterprise Linux 7 レプリカをインストールした後に、Identity Management ドメインのドメインレベルは自動的に 0 に設定されます。
    Red Hat Enterprise Linux 7.3 では、レプリカのインストールおよび管理がより簡単になりました。これらの機能を使用するには、トポロジーはドメインレベル 1 で指定する必要があります。7章ドメインレベルの表示と引き上げを参照してください。
  2. レプリカファイルを使用して、別の Red Hat Enterprise Linux 7 システムに新しいレプリカをインストールします。
Red Hat Enterprise Linux 6 サーバーの使用を終了するには、以下を行います。
  • Red Hat Enterprise Linux 7 サーバーで削除コマンドを実行して、トポロジーからサーバーを削除します。
重要
クライアント設定は自動的に更新されません。IDM サーバーを停止し、異なる名前で新しいサーバーを設定している場合、クライアント全体の設定を確認する必要があります。特に、以下のファイルを手動で更新する必要があります。
  • /etc/openldap/ldap.conf
  • /etc/ipa/default.conf
  • /etc/sssd/sssd.conf