Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第14章 一意の UID および GID 番号の割り当て

IdM サーバーは、ユーザーID(UID)およびグループID(GID)の値を生成し、同時にレプリカが同じ ID を生成しないようにします。1 つの組織で異なる複数のドメインが使用される場合は、IdM ドメイン全体で UID および GID が一意になる必要があります。

14.1. ID 範囲

UID および GID 番号は ID 範囲 に分けられます。個別のサーバーとレプリカに別々の数値範囲を指定することで、エントリーに対して発行された ID 値が別のサーバーまたはレプリカの別のエントリーで既に使用されている可能性が最小限に抑えられます。
ドメインのバックエンド 389389 Directory Servernbsp;Directory389 Directory Servernbsp;Server インスタンスの一部として、DNA(Distributed Numeric Assignment)プラグインは、範囲が更新され、サーバーとレプリカ間で共有されるようにします。プラグインはすべてのマスターおよびレプリカで ID 範囲を管理します。すべてのサーバーまたはレプリカには、現在の ID 範囲、および、現在の範囲を使い果たした後にサーバーまたはレプリカが使用する追加の next ID範囲があります。DNA Directory Server プラグインの詳細は、『Red Hatnbsp;Hat Directory Server デプロイメントガイド』 を参照してください。