Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.2. Web UI: トポロジーグラフを使用したレプリカトポロジーの管理

トポロジーグラフへのアクセス

web UI のトポロジーグラフでは、ドメイン内におけるサーバー間の関係が表示できます。
  1. IPA ServerTopologyTopology Graph を選択します。
  2. トポロジーに加えた変更がグラフに反映されていない場合は、Refresh をクリックします。

トポロジービューのカスタマイズ

トポロジーノードは、マウスでドラッグすると移動できます。
トポロジーグラフでのノードの移動

図6.3 トポロジーグラフでのノードの移動

マウスホイールを使うと、グラフの拡大、縮小ができます。
トポロジーグラフの拡大

図6.4 トポロジーグラフの拡大

マウスの左ボタンを長押しすると、トポロジーグラフ自体を動かすことができます。
トポロジーグラフの移動

図6.5 トポロジーグラフの移動

トポロジーグラフの意味

ドメインのレプリカ合意に参加しているサーバーは、オレンジ色の矢印で結ばれています。CA のレプリカ合意に参加しているサーバーは、青色の矢印で結ばれています。
トポロジーグラフの推奨例
図6.6「トポロジーの推奨例」 は、4 つのサーバーにおけるトポロジーの推奨例を示しています。各サーバーは少なくとも 2 台のサーバーに連結されており、複数のサーバーが CA マスターとなっています。
トポロジーの推奨例

図6.6 トポロジーの推奨例

トポロジーグラフ: 非推奨例
図6.7「非推奨のトポロジー例: 単一障害点」 では、server1 が単一障害点となっています。他のすべてのサーバーはこのサーバーとレプリカ合意を結んでいますが、これ以外には合意が設定されていません。このため、server1 に障害が発生すると、他のサーバーは孤立してしまいます。
このようなトポロジーは作成しないでください。
非推奨のトポロジー例: 単一障害点

図6.7 非推奨のトポロジー例: 単一障害点

推奨されるトポロジーの詳細については、「レプリカに関するデプロイメントの考慮事項」 を参照してください。

6.2.1. 2 サーバー間でのレプリカ設定

  1. トポロジーグラフで、ノード上にカーソルを持っていきます。
    Domain または CA オプション

    図6.8 Domain または CA オプション

  2. 作成するトポロジーセグメントのタイプに合わせて、円の domain または ca をクリックします。
  3. カーソルの下に新たなレプリカ合意を表す矢印が表示されます。カーソルを別のサーバーノードに移動して、そこでクリックします。
    新セグメントの作成

    図6.9 新セグメントの作成

  4. Add Topology Segment ウィンドウで Add をクリックして、新セグメントの属性を確認します。
IdM が 2 つのサーバー間に新規トポロジーセグメントを作成し、これらのサーバーはレプリカ合意に参加します。トポロジーグラフに更新されたレプリカトポロジーが表示されます。
新規セグメント作成後のグラフ

図6.10 新規セグメント作成後のグラフ

6.2.2. 2 サーバー間のレプリカの削除

  1. 削除するレプリカ合意を表す矢印をクリックします。矢印がハイライト表示されます。
    トポロジーセグメントのハイライト表示

    図6.11 トポロジーセグメントのハイライト表示

  2. Delete をクリックします。
  3. Confirmation ウィンドウで OK をクリックします。
IdM が 2 つのサーバー間のトポロジーセグメントを削除し、これでサーバーのレプリカ合意も削除されます。トポロジーグラフに更新されたレプリカトポロジーが表示されます。
トポロジーセグメントの削除

図6.12 トポロジーセグメントの削除