Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

6.2. Web UI: Topology Graph を使用したレプリケーショントポロジーの管理

トポロジーグラフへのアクセス

Web UI のトポロジーグラフは、ドメイン内のサーバー間の関係を示しています。
  1. IPA ServerTopology TopologyGraph を選択します。
  2. グラフに即座に反映されないトポロジーに変更を加えた場合には、Refresh をクリックします。

トポロジービューのカスタマイズ

トポロジーノードは、マウスでドラッグすると移動できます。

図6.3 トポロジーグラフでのノードの移動

トポロジーグラフでのノードの移動
マウスホイールを使うと、グラフの拡大、縮小ができます。

図6.4 トポロジーグラフの拡大

トポロジーグラフの拡大
マウスの左ボタンを長押しすると、トポロジーグラフ自体を動かすことができます。

図6.5 トポロジーグラフの移動

トポロジーグラフの移動

Topology Graph の解釈

ドメインのレプリカ合意に参加しているサーバーは、オレンジ矢印で接続されます。CA レプリカ合意に参加しているサーバーは、青の矢印で接続されます。
トポロジーグラフの例: 推奨されるトポロジー
図6.6「推奨されるトポロジーの例」 は、サーバー 4 台に対して推奨されるトポロジーの 1 つを示しています。各サーバーが 2 つ以上のサーバーに接続し、複数のサーバーが CA マスターになります。

図6.6 推奨されるトポロジーの例

推奨されるトポロジーの例
トポロジーグラフの例: 推奨トポロジー
図6.7「推奨トポロジーの例: 単一障害点」 server1 は単一障害点になります。その他のサーバーはすべて、このサーバーとレプリカ合意を持ちますが、他のサーバーとは関係ありません。したがって、server1 が失敗すると、他のすべてのサーバーが分離されます。
このようなトポロジーを作成しないようにしてください。

図6.7 推奨トポロジーの例: 単一障害点

推奨トポロジーの例: 単一障害点

6.2.1. 2 つのサーバー間でのレプリケーションの設定

  1. トポロジーグラフで、ノード上にカーソルを持っていきます。

    図6.8 ドメインまたは CA オプション

    ドメインまたは CA オプション
  2. 作成するトポロジーセグメントのタイプに応じて、円の ドメイン または ca 部分をクリックします。
  3. 新しいレプリカ合意を表す新しい矢印がマウスポインターの下に表示されます。マウスを他のサーバーノードに移動し、クリックします。

    図6.9 新しいセグメントの作成

    新しいセグメントの作成
  4. Add Topology Segment ウィンドウで Add をクリックし、新しいセグメントのプロパティーを確認します。
IdM は、2 つのサーバー間に新しいトポロジーセグメントを作成し、レプリカ合意に参加します。トポロジーグラフには、更新されたレプリケーショントポロジーが表示されるようになりました。

図6.10 作成した新しいセグメント

作成した新しいセグメント

6.2.2. 2 台のサーバー間でのレプリケーションの停止

  1. 削除するレプリカ合意を表す矢印をクリックします。これにより矢印が強調表示されます。

    図6.11 トポロジーのセグメント化

    トポロジーのセグメント化
  2. 削除 をクリックします。
  3. 確認 ウィンドウで OK をクリックします。
IdM は、レプリカ合意を削除する 2 つのサーバー間でトポロジーセグメントを削除します。トポロジーグラフには、更新されたレプリケーショントポロジーが表示されるようになりました。

図6.12 トポロジーセグメントの削除

トポロジーセグメントの削除

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。