Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第6章 レプリケーショントポロジーの管理

本章では、Identity Management(IdM)ドメイン内のサーバー間のレプリケーションを管理する方法を説明します。
注記
本章では、Red Hat Enterprise Linux 7.3 で導入された簡素化されたトポロジー管理について説明します。この手順で必要なドメインレベルは 1 です (7章ドメインレベルの表示と引き上げを参照)。
ドメインレベル 0 でのトポロジーの管理に関するドキュメントは、「レプリカおよびレプリカ合意の管理」 を参照してください。
初期レプリカのインストールとレプリケーションに関する基本情報は、4章Identity Management のレプリカのインストールとアンインストール を参照してください。

6.1. レプリカ合意、トポロジーサフィックス、およびトポロジーセグメントの説明

レプリカ合意

IdM サーバーに保存されているデータは、レプリカ合意に基づいて複製されます。2 台のサーバーでレプリカ合意が設定されている場合は、データを共有します。
レプリカ合意は常に双方向のものです。最初のレプリカからサーバーから別のレプリカにデータが複製されるだけでなく、別ののレプリカから最初のレプリカにもデータが複製されます。
注記
詳細は、「IdM レプリカの説明」 を参照してください。

トポロジーサフィックス

トポロジーのサフィックスは、レプリケートされるデータを保存します。IdM は、domainca の 2 種類のトポロジーサフィックスに対応します。それぞれのサフィックスは、個別のバックエンドである個別のレプリケーショントポロジーを表します。
レプリカ合意が設定されると、同じタイプのトポロジーサフィックスを 2 つの異なるサーバーに結合します。
domain サフィックス: dc=example,dc=com
domain 接尾辞には、ドメイン関連のデータがすべて含まれています。
2 つのレプリカの domain サフィックス間でレプリカ合意が設定されると、ユーザー、グループ、およびポリシーなどのディレクトリーデータが共有されます。
ca 接尾辞: o=ipaca
ca 接尾辞には、Certificate System コンポーネントのデータが含まれます。これは認証局 (CA) がインストールされているサーバーにのみ存在します。
2 つのレプリカの ca サフィックス間でレプリカ合意が設定されると、証明書データが共有されます。

図6.1 トポロジーサフィックス

トポロジーサフィックス
新規レプリカのインストール時には、ipa-replica-install スクリプトが 2 つのサーバー間に初期トポロジーセグメントをセットアップします。

例6.1 トポロジーサフィックスの表示

ipa topologysuffix-find コマンドでトポロジーサフィックスの一覧が表示されます。
$ ipa topologysuffix-find
---------------------------
2 topology suffixes matched
---------------------------
  Suffix name: ca
  Managed LDAP suffix DN: o=ipaca

  Suffix name: domain
  Managed LDAP suffix DN: dc=example,dc=com
----------------------------
Number of entries returned 2
----------------------------

トポロジーセグメント

2 つのレプリカのサフィックス間でレプリカ合意があると、サフィックスは topology segment を形成します。各トポロジーセグメントは、左ノード右ノード で構成されます。ノードは、レプリカ合意に参加しているサーバーを表します。
IdM のトポロジーセグメントは常に双方向です。各セグメントは、サーバー A からサーバー B、およびサーバー B からサーバー A への 2 つのレプリカ合意を表します。そのため、データは両方の方向でレプリケートされます。

図6.2 トポロジーセグメント

トポロジーセグメント

例6.2 トポロジーセグメントの表示

ipa topologysegment-find コマンドで、domain または CA サフィックスに設定されたトポロジーセグメントが表示されます。たとえば、ドメイン接尾辞の場合は、以下のようになります。
$ ipa topologysegment-find
Suffix name: domain
-----------------
1 segment matched
-----------------
  Segment name: server1.example.com-to-server2.example.com
  Left node: server1.example.com
  Right node: server2.example.com
  Connectivity: both
----------------------------
Number of entries returned 1
----------------------------
この例では、ドメイン関連のデータのみが server1.example.comserver1.example.com の 2 つのサーバー間で複製されます。
特定セグメントの詳細を表示するには、ipa topologysegment-show コマンドを使用します。
$ ipa topologysegment-show
Suffix name: domain
Segment name: server1.example.com-to-server2.example.com
  Segment name: server1.example.com-to-server2.example.com
  Left node: server1.example.com
  Right node: server2.example.com
  Connectivity: both