Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

33.7. 逆引き DNS ゾーンの管理

逆引き DNS ゾーンは、次の 2 つの方法で識別できます。
  • ゾーン名 (reverse_ipv4_address.in-addr.arpa または reverse_ipv6_address.ip6.arpa の形式)。
    逆引きの IP アドレスは、IP アドレスのコンポーネントの順序を逆にすることで作成されます。たとえば、IPv4 ネットワークが 192.0.2.0/24 の場合、逆引きゾーン名は 2.0.192.in-addr.arpa. になります (末尾はピリオド)。
  • network_ip_address/subnet_mask_bit_count の形式でのネットワークアドレス。
    ゾーンを IP ネットワークで作成するには、ネットワーク情報をサブネットマスクのビットカウントが付いた (正引きスタイルの) IP アドレスに設定します。ビットカウントは、IPv4 アドレスの場合は 8 の倍数、IPv6 アドレスの場合は 4 の倍数にします。

Web UI での逆引き DNS ゾーンの追加

  1. Network Services タブを開き、DNS サブタブを選択し、その後に DNS Zones セクションを選択します。

    図33.30 DNS ゾーンの管理

    DNS ゾーンの管理
  2. すべてのゾーン一覧の上部にある 追加 をクリックします。

    図33.31 逆引き DNS ゾーンの追加

    逆引き DNS ゾーンの追加
  3. ゾーン名または逆引きゾーンの IP ネットワークを入力します。
    1. たとえば、ゾーン名を使用して逆引き DNS ゾーンを追加する場合は、次のコマンドを実行します。

      図33.32 名前での逆引きゾーンの作成

      名前での逆引きゾーンの作成
    2. または、逆引きゾーンの IP ネットワークで逆引き DNS ゾーンを追加する場合は、次のコマンドを実行します。

      図33.33 IP ネットワークでの逆引きゾーンの作成

      IP ネットワークでの逆引きゾーンの作成
      逆引きゾーン IP ネットワーク フィールドのバリデーターは、入力中に無効なネットワークアドレスがあると警告を出します。ネットワークアドレスをすべて入力すると、この警告は表示されなくなります。
  4. Add をクリックして、新しい逆引きゾーンを確認します。

コマンドラインでの逆引き DNS ゾーンの追加

コマンドラインから逆引きの DNS ゾーンを作成する場合は、ipa dnszone-add コマンドを使用します。
たとえば、ゾーン名を使用して逆引きゾーンを作成する場合は、次のコマンドを実行します。
[user@server]$ ipa dnszone-add 2.0.192.in-addr.arpa.
または、IP ネットワークで逆引きゾーンを作成する場合は、次のコマンドを実行します。
[user@server ~]$ ipa dnszone-add --name-from-ip=192.0.2.0/24

他の逆引き DNS ゾーンの管理操作

「マスター DNS ゾーンの管理」 その他のゾーン管理操作 (一部の操作は、DNS ゾーンの編集や無効化、有効化などの逆引き DNS ゾーン管理にも該当) を説明します。