33.7. 逆引き DNS ゾーンの管理

逆引き DNS ゾーンは以下のいずれかの方法で確認できます。
  • reverse_ipv4_address.in-addr.arpa または reverse_ipv6_address.ip6.arpa という形式のゾーン名。
    逆引き IP アドレスは、IP アドレスの要素を反転させて作成します。たとえば、IPv4 ネットワークが 192.0.2.0/24 の場合、逆引きゾーン名は 2.0.192.in-addr.arpa. になります (最後のピリオドを含む)。
  • network_ip_address/subnet_mask_bit_count の形式でのネットワークアドレス。
    ゾーンを IP ネットワークで作成するには、ネットワーク情報をサブネットマスクのビットカウントが付いた (正引きスタイルの) IP アドレスに設定します。ビットカウントは、IPv4 アドレスの場合は 8 の倍数、IPv6 アドレスの場合は 4 の倍数にします。

Web UI での逆引き DNS ゾーンの追加

  1. Network Services タブから DNS サブタブを開き、DNS Zones セクションを選択します。
    DNS ゾーンの管理

    図33.30 DNS ゾーンの管理

  2. 全ゾーン一覧上部にある Add をクリックします。
    逆引き DNS ゾーンの追加

    図33.31 逆引き DNS ゾーンの追加

  3. ゾーン名または逆引きゾーン IP ネットワークを入力します。
    1. たとえば、ゾーン名で逆引き DNS ゾーンを追加するには、以下のようにします。
      名前での逆引きゾーンの作成

      図33.32 名前での逆引きゾーンの作成

    2. または、逆引きゾーン IP ネットワークで逆引き DNS ゾーンを追加するには、以下のようにします。
      IP ネットワークでの逆引きゾーンの作成

      図33.33 IP ネットワークでの逆引きゾーンの作成

      Reverse zone IP network フィールドの記入中には無効なネットワークアドレスについての警告が表示されますが、完全なネットワークアドレスが入力されるとこれは表示されなくなります。
  4. Add をクリックして新規逆引きゾーンを保存します。

コマンドラインからの逆引き DNS ゾーンの追加

コマンドラインから逆引き DNS ゾーンを作成するには、ipa dnszone-add コマンドを実行します。
たとえば、ゾーン名で逆引きゾーンを作成するには、以下のようにします。
[user@server]$ ipa dnszone-add 2.0.192.in-addr.arpa.
または、IP ネットワークで逆引きゾーンを作成するには、以下のようにします。
[user@server ~]$ ipa dnszone-add --name-from-ip=192.0.2.0/24

逆引き DNS ゾーンの他の管理操作

「Master DNS ゾーンの管理」 では他のゾーン管理操作を説明しており、この中には DNS ゾーンの編集、無効化、または有効化など、逆引き DNS ゾーン管理に適用可能なものもあります。