Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

33.4. マスター DNS ゾーンの管理

33.4.1. マスター DNS ゾーンの追加および削除

Web UI でのマスター DNS ゾーンの追加

  1. Network Services タブを開き、DNS サブタブを選択し、その後に DNS Zones セクションを選択します。

    図33.1 DNS マスターゾーンの管理

    DNS マスターゾーンの管理
  2. 新しいマスターゾーンを追加するには、すべてのゾーン の一覧の上部にある 追加 をクリックします。

    図33.2 マスター DNS ゾーンの追加

    マスター DNS ゾーンの追加
  3. ゾーン名を指定して、追加 をクリックします。

    図33.3 新しいマスターゾーンの入力

    新しいマスターゾーンの入力

コマンドラインでのマスター DNS ゾーンの追加

ipa dnszone-add コマンドは、新しいゾーンを DNS ドメインに追加します。新しいゾーンを追加するには、新しいサブドメイン名を指定する必要があります。サブドメイン名を直接指定するには、以下のコマンドを実行します。
$ ipa dnszone-add newserver.example.com
ipa dnszone-add に名前を指定しない場合には、スクリプトにより自動的に名前を求めるプロンプトが表示されます。
ipa dnszone-add コマンドでは、さまざまなコマンドラインオプションも使用できます。このオプションの完全な一覧を表示するには、ipa dnszone-add --help コマンドを実行します。

マスター DNS ゾーンの削除

Web UI でマスター DNS ゾーンを削除する場合は、すべてのゾーンの一覧でゾーン名を指定してチェックボックスを選択し、削除 をクリックします。

図33.4 マスター DNS ゾーンの削除

マスター DNS ゾーンの削除
コマンドラインからマスター DNS ゾーンを削除する場合は、ipa dnszone-del コマンドを使用します。以下に例を示します。
$ ipa dnszone-del server.example.com