Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.3. IdM コマンドラインユーティリティー

IdM の基本的なコマンドラインスクリプトの名前は ipa です。ipa スクリプトは、多数のサブコマンドの親スクリプトです。これらのサブコマンドは、IdM の管理に使用されます。たとえば、ipa user-add コマンドは、新しいユーザーを追加します。
$ ipa user-add user_name
コマンドライン管理には、UI での管理に比べていくつかの利点があります。たとえば、コマンドラインユーティリティーを使用すると、手動で介入することなく、管理タスクを自動化して、一貫した方法で繰り返し実行することができます。さらに、ほとんどの管理操作はコマンドラインと Web UI の両方で利用できますが、一部のタスクはコマンドラインからのみ実行できます。
注記
本セクションでは、ipa サブコマンドの概要のみを説明します。詳細は、IdM 管理の特定のエリア専用の他のセクションを参照してください。たとえば、ipa サブコマンドを使用してユーザーエントリーを管理する方法は、11章ユーザーアカウントの管理 を参照してください。

5.3.1. ipa コマンドのヘルプの取得

ipa スクリプトは、特定のサブコマンドのヘルプ(トピック)を表示できます。利用可能なトピックの一覧を表示するには、ipa help topics コマンドを使用します。
$ ipa help topics

automember         Auto Membership Rule.
automount          Automount
caacl              Manage CA ACL rules.
...
特定のトピックのヘルプを表示するには、ipa help topic_name コマンドを使用します。たとえば、automember トピックに関する情報を表示するには、以下を実行します。
$ ipa help automember

Auto Membership Rule.

Bring clarity to the membership of hosts and users by configuring inclusive
or exclusive regex patterns, you can automatically assign a new entries into
a group or hostgroup based upon attribute information.

...

EXAMPLES:

 Add the initial group or hostgroup:
   ipa hostgroup-add --desc="Web Servers" webservers
   ipa group-add --desc="Developers" devel
...
ipa スクリプトは、利用可能な ipa コマンドの一覧を表示することもできます。これには、ipa help commands コマンドを使用します。
$ ipa help commands
automember-add                         Add an automember rule.
automember-add-condition               Add conditions to an automember rule.
...
ipa コマンドの詳細は、コマンドに --help オプションを追加します。以下に例を示します。
$ ipa automember-add --help

Usage: ipa [global-options] automember-add AUTOMEMBER-RULE [options]

Add an automember rule.
Options:
  -h, --help            show this help message and exit
  --desc=STR            A description of this auto member rule
...
ipa ユーティリティーの詳細は、ipa(1) の man ページを参照してください。