第4章 Identity Management のレプリカのインストールとアンインストール

レプリカは、既存の Identity Management サーバー設定をクローンして作成します。そのため、サーバーとそのレプリカは全く同じコア設定を共有します。レプリカのインストールプロセスは既存のサーバー設定をコピーして、その設定をベースにレプリカをインストールします。
"Backup and Restore in IdM/IPA" Knowledgebase solution で説明されているように、バックアップソリューションとして複数のサーバーレプリカを維持してデータの損失を回避することが推奨されます。

注記

9章Identity Management のバックアップと復元に記載されているように、別のバックアップソリューションとして ipa-backup ユーティリティーがあります。これは、レプリカから IdM デプロイメントを再構築できない場合に主に推奨されるソリューションです。

4.1. IdM レプリカの説明

レプリカは、最初のマスターサーバーのクローンとして作成されます。レプリカが作成されると、レプリカにはマスターサーバーと全く同じ機能が搭載されます。サーバーと、このサーバーから作成されたレプリカは、ユーザー、マシン、証明書、設定済みのポリシーの同じ内部情報を共有します。

注記

IdM トポロジー内のマシンタイプに関する情報は「Identity Management ドメイン」を参照してください。
レプリケーション とは、レプリカとレプリカの間でデータをコピするプロセスのことです。レプリカ間の情報は、マルチマスターレプリケーション を使用して共有されます。レプリカ合意で参加したレプリカはすべて、更新を受信するため、データのマスターと考えられます。
サーバーとレプリカの合意

図4.1 サーバーとレプリカの合意