Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

D.3.5. レプリカの再初期化

レプリカが長時間オフラインになっている場合や、データベースが破損している場合は、再初期化できます。再初期化は、「レプリカの作成: 概要」 で説明されている初期化と似ています。再初期化でじゃ、更新されたデータセットでレプリカを更新します。たとえば、バックアップからの権限のある復元を行う必要がある場合に、再初期化を使用できます。
注記
通常のレプリケーション更新待ちや、手動のレプリケーション更新の開始をしても、このような状況には役に立ちません。このレプリカの更新時には、レプリカは変更されたエントリーのみを互いに送信します。再初期化とは異なり、レプリケーションの更新ではデータベース全体が更新されません。
レプリカでデータレプリカ合意 (data replication agreement) を再初期化するには、ipa-replica-manage re-initialize を使用します。コマンドを実行するローカルホストは、再初期化されたレプリカです。データの取得元となるレプリカを指定するには、--from オプションを使用します。
$ ipa-replica-manage re-initialize --from server1.example.com
証明書サーバーのレプリカ合意を初期化しなおすには、ipa-csreplica-manage re-initialize コマンドを使用します。