Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

Linux ドメイン ID、認証、およびポリシーガイド

Red Hat Enterprise Linux 7

Linux 環境での Red Hat Identity Management の使用

概要

ユーザーとマシン両方の ID およびポリシー管理は、ほとんどのエンタープライズ環境の中核となる機能です。Identity Management は、ID ドメインを作成する方法を提供し、このドメインにより、マシンはドメインへの登録と、シングルサインオンおよび認証サービスに必要となる ID 情報に即座にアクセスすることができるようになります。また、承認およびアクセスを管理するポリシー設定も可能になります。
本ガイドに加えて、Red Hat Enterprise Linux Identity Management に関するその他の機能およびサービスについては、以下のガイドを参照してください。

システムレベルの認証ガイド

システムレベルの認証ガイド』 では、authconfig ユーティリティー、System Security Services Daemon (SSSD) サービス、Pluggable Authentication Module(PAM) フレームワーク、Kerberos、certmonger ユーティリティー、およびアプリケーションのシングルサインオン (SSO) など、ローカルシステムにおける認証の設定に使用できるアプリケーションおよびサービスについて説明します。

Windows 統合ガイド

Windows 統合ガイド』では、Identity Management を使用して Linux ドメインを Microsoft Windows Active Directory (AD) と統合する方法を説明します。また、このガイドでは、SSSD を使用した Common Internet File System (CIFS) および realmd システムへのアクセスに SSSD を使用した直接的および間接 AD 統合のさまざまな側面を説明します。