第19章 IdM ユーザーのアクセス制御の定義

アクセス制御は、誰がマシンやサービスまたはエントリーなどの特定のリソースにアクセスできるかや、どのような種類の操作の実行を許可されるかなどを定義する、セキュリティー機能セットです。Identity Management はいくつかのアクセス制御エリアを提供し、どのような種類のアクセスが許可されているか、誰に許可されているか、を明確にします。この一部として Identity Management は、ドメイン内のリソースに対するアクセス制御と、IdM 設定自体へのアクセス制御を区別します。
本章では、IdM サーバーおよび他の IdM ユーザーに対する IdM 内のユーザーに利用可能な異なる内部アクセス制御メカニズムに関する詳細は、10章IdM ユーザーのアクセス制御の定義 を参照してください。