Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第18章 ID ビュー

ID ビューを使用すると、POSIX ユーザーまたはグループ属性に新しい値を指定でき、新しい値が適用されるクライアントホストを 1 つまたは複数定義できます。
たとえば、ID ビューを使用して以下を行うことができます。
重要
ID ビューは、IdM サーバーではなく、IdM クライアントにのみ適用できます。

SSSD パフォーマンスに対する潜在的な悪影響

ID ビューを適用すると、特定の最適化と ID ビューが同時に実行できなくなるので、SSSD パフォーマンスにマイナス影響が出る可能性があります。たとえば、ID ビューは、SSSD がサーバー上でグループを検索するプロセスの最適化を防ぎます。
  • ID ビューを使用して、グループ名が上書きされる場合に、SSSD は、グループメンバー名の返された一覧のすべてのメンバーを確認する必要があります。
  • ID ビューがないと、SSSD は、グループオブジェクトのメンバー属性からのみユーザー名を収集します。
この負の影響は、多くの場合SSSD のキャッシュが空の場合やキャッシュを消去した後に現れ、全エントリーが無効になります。

関連情報

ID ビューには、Active Directory に関連する環境でのいくつかのユースケースもあります。詳細は、『Windows Integration Guide』のMigrate from Synchronization to Trust Manually Using ID Viewsの章を参照してください。

18.1. ID ビューが上書きできる属性

ID ビューは、ユーザーおよびグループ ID の上書きで構成されます。オーバーライドは、新しい属性値を定義します。
ユーザー ID およびグループ ID の上書きは、以下の属性の新しい値を定義できます。
ユーザー属性
  • ログイン名 (uid)
  • GECOS エントリー (gecos)
  • UID 番号 (uidnumber)
  • GID 番号 (gidnumber)
  • ログインシェル (loginShell)
  • ホームディレクトリー (homedirectory)
  • SSH 公開鍵 (ipaSshPubkey)
  • 証明書 (userCertificate)
グループ属性
  • グループ名 (cn)
  • グループ GID 番号 (gidNumber)