12.2. ホストエントリー設定のプロパティー

ホストエントリーには、ホストの物理的な場所や MAC アドレス、鍵および証明書など、システム設定以外の情報を含めることができます。
ホストエントリーを手動で作成する場合は、これらの情報は設定可能です。手動作成でない場合は、ホストをドメインに登録した後で、情報を追加する必要があります。

表12.1 ホスト設定のプロパティー

UI フィールドコマンドラインオプションDescription
Description--desc=descriptionホストの説明。
Locality--locality=localityホストの位置情報
Location--location=locationデータセンターラックなど、ホストの位置情報
Platform--platform=stringホストのハードウェアまたはアーキテクチャー
Operating system--os=stringホストのオペレーティングシステムおよびバージョン
MAC address--macaddress=addressホストの MAC アドレス。これは複数値の属性です。MAC アドレスは、NIS プラグインがホスト用の NIS ethers マップを作成するために使用します。
SSH public keys--sshpubkey=stringホスト用の SSH 公開鍵。これは複数値の属性なので、複数の鍵を設定できます。
Principal name (not editable)--principalname=principalホストの Kerberos プリンシパル名。これは -p オプションで明示的に別のプリンシパルを設定しなければ、クライアントのインストール中にホスト名でデフォルト設定されます。これはコマンドラインツールを使用すると変更可能ですが、UI では変更できません。
Set One-Time Password--password=string一括登録で使用可能なホストのパスワードを設定します。
---random一括登録で使用されるランダムなパスワードを生成します。
---certificate=stringホストの証明書ブロブ。
---updatednsこれは IP アドレス変更時にホストが DNS エントリーを動的に更新できるかどうかを設定します。