Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

21.4. 自動マウントマップの NIS クライアントへの公開

自動マウントマップが既に定義されている場合、マップを IdM の NIS 設定に手動で追加する必要があります。こうすることで、マップが NIS クライアントに確実に公開されます。
NIS サーバーは、IdM LDAP ディレクトリー内の特別なプラグインエントリーで管理されます。NIS サーバーが使用する各 NIS ドメインおよびマップは、このコンテナーでサブエントリーとして追加されます。NIS ドメインエントリーには、以下のものが含まれます。
  • NIS ドメイン名
  • NIS マップ名
  • NIS マップのコンテンツとして使用するためのディレクトリーエントリーの発見方法
  • NIS マップのキーおよび値としてどの属性を使用するかについての情報
これら設定のほとんどは、各マップで同じものになります。

21.4.1. 自動マウントマップの追加

IdM は、自動マウントの場所ごとにグループ化された自動マウントマップを IdM ディレクトリーツリーの cn=automount ブランチに保存します。NIS ドメインとマップは LDAP プロトコルを使って追加できます。
たとえば、example.com ドメイン内の default の場所にある auto.example という自動マウントマップを追加するには、以下を実行します。
[root@server ~]# ldapadd -h server.example.com -x -D "cn=Directory Manager" -W

dn: nis-domain=example.com+nis-map=auto.example,cn=NIS Server,cn=plugins,cn=config
objectClass: extensibleObject
nis-domain: example.com
nis-map: auto.example
nis-filter: (objectclass=automount)
nis-key-format: %{automountKey}
nis-value-format: %{automountInformation}
nis-base: automountmapname=auto.example,cn=default,cn=automount,dc=example,dc=com

注記

nis-domain 属性は、自分の NIS ドメイン名に設定します。
nis-base 属性で設定する値は、以下のものに対応する必要があります。
  • ipa automountmap-* コマンドを使用して設定した既存の自動マウントマップ
  • ipa automountlocation-* コマンドを使用して設定した既存の自動マウントの場所
エントリーを設定したら、以下を実行して自動マウントマップを確認します。
[root@server ~]# ypcat -k -d example.com -h server.example.com auto.example