Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第7章 ドメインレベルの表示と評価

ドメインレベルは、IdM トポロジー内で利用可能な操作と機能を示します。
ドメインレベル 1
利用可能な機能の例:
重要
ドメインレベル 1 は、Red Hat Enterprise Linux 7.3 で IdM バージョン 4.4 で導入されました。ドメインレベル 1 の機能を使用するには、すべてのレプリカが Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降を実行している必要があります。
最初のサーバーが Red Hat Enterprise Linux 7.3 でインストールされている場合、ドメインのドメインレベルは自動的に 1 に設定されます。
すべてのサーバーを前のバージョンから IdM バージョン 4.4 にアップグレードすると、ドメインレベルは自動的に発生しません。ドメインレベル 1 「ドメインレベルの作成」
ドメインレベル 0
利用可能な機能の例:
  • ipa-replica-install には、初期サーバーでレプリカ情報ファイルを作成し、レプリカにコピーするためのより複雑なプロセスが必要になります 「レプリカの作成」)。
  • ipa-replica-manage および ipa-csreplica-manage を使用したより複雑なトポロジーおよびエラー型トポロジー管理 「レプリカとレプリカ合意の管理」

7.1. 現在のドメインレベルの表示

コマンドライン: 現行ドメインレベルの表示

  1. 管理者としてログインします。
    $ kinit admin
  2. ipa domainlevel-get コマンドを実行します。
    $ ipa domainlevel-get
    -----------------------
    Current domain level: 0
    -----------------------

Web UI: 現在のドメインレベルの表示

IPA ServerDomain Level を選択します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。