第7章 ドメインレベルの表示と引き上げ

ドメインレベルは、IdM トポロジー内で利用可能な操作と機能を示します。
ドメインレベル 1
利用可能な機能の例

重要

ドメインレベル 1 は、Red Hat Enterprise Linux 7.3 の IdM バージョン 4.4 で導入されました。ドメインレベル 1 の機能を使用するには、すべてのレプリカで Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降を稼働している必要があります。
最初のサーバーに Red Hat Enterprise Linux 7.3 がインストールされると、ドメインレベルは自動的に 1 に設定されます。
すべてのサーバーを IdM の以前のバージョンから 4.4 にアップグレードしても、ドメインレベルは自動的に上げられません。ドメインレベル 1 の機能を使用するには、「ドメインレベルの引き上げ」 に記載の手順に従ってドメインレベルを手動で上げる必要があります。
ドメインレベル 0
利用可能な機能の例
  • ipa-replica-install では、初期サーバー上でレプリカ情報ファイルを作成し、これをレプリカにコピーするという複雑なプロセスが必要になります (「レプリカの作成」 を参照)。
  • ipa-replica-manage および ipa-csreplica-manage を使用したより複雑でエラーが発生しやすいトポロジー管理 (「レプリカとレプリカ合意の管理」 を参照)。

7.1. 現行ドメインレベルの表示

コマンドライン: 現行ドメインレベルの表示

  1. 管理者としてログインします。
    $ kinit admin
  2. ipa domainlevel-get コマンドを実行します。
    $ ipa domainlevel-get
    -----------------------
    Current domain level: 0
    -----------------------

Web UI: 現行ドメインレベルの表示

IPA ServerDomain Level を選択します。