Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

33.10. 外部 DNS の使用時の DNS レコードのシステム的な更新

外部 DNS を使用する場合には、Identity Management は、トポロジーの変更後に DNS レコードを自動的に更新しません。以下の手順では、外部 DNS サービスが管理する DNS レコードを体系的に更新する方法を説明します。これにより、手動の DNS 更新が必要なくなります。
基本的な概要は、「Identity Management で外部 DNS の更新」 を参照してください。
手順および例は、以下を参照してください。

33.10.1. Identity Management で外部 DNS の更新

DNS レコードを更新すると、古い DNS レコードまたは無効な DNS レコードが削除され、新しいレコードが追加されます。
トポロジーの変更後に、DNS レコードを更新する必要があります。以下に例を示します。
  • レプリカのインストールまたはアンインストール後
  • Identity Management サーバーに CA、DNS、KRA、または Active Directory の信頼をインストールした後