Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.3. 現在割り当てられている ID 範囲の表示

サーバーに設定されている ID 範囲を表示するには、以下のコマンドを使用します。
  • ipa-replica-manage dnarange-show は、全サーバーに設定されている現行 ID 範囲、またはサーバーを指定した場合はそのサーバーの現行 ID 範囲を表示します。
    # ipa-replica-manage dnarange-show
    masterA.example.com: 1001-1500
    masterB.example.com: 1501-2000
    masterC.example.com: No range set
    
    # ipa-replica-manage dnarange-show masterA.example.com
    masterA.example.com: 1001-1500
  • ipa-replica-manage dnanextrange-show は、全サーバーに設定されている次の ID 範囲、またはサーバーを指定した場合はそのサーバーの現行 ID 範囲を表示します。
    # ipa-replica-manage dnanextrange-show
    masterA.example.com: 1001-1500
    masterB.example.com: No on-deck range set
    masterC.example.com: No on-deck range set
    
    # ipa-replica-manage dnanextrange-show masterA.example.com
     masterA.example.com: 1001-1500
これらのコマンドについての詳細は、ipa-replica-manage(1) man ページを参照してください。