Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.3.2. コマンドラインでのユーザーグループへのアクセス委任

delegation-add コマンドを使用して、新しい委譲アクセス制御ルールが追加されます。以下の 3 つのオプションが必須になります。
  • --group - ユーザーグループ内のユーザーのエントリーに パーミッションを付与されている グループです。
  • --membergroup - 委任グループのメンバーが エントリーを編集できる グループです。
  • --attrs - メンバーグループのユーザーが表示または編集できる属性です。
以下は例になります。
$ ipa delegation-add "basic manager attrs" --attrs=manager --attrs=title --attrs=employeetype --attrs=employeenumber --group=engineering_managers --membergroup=engineering
--------------------------------------
Added delegation "basic manager attrs"
--------------------------------------
  Delegation name: basic manager attrs
  Permissions: write
  Attributes: manager, title, employeetype, employeenumber
  Member user group: engineering
  User group: engineering_managers
委任ルールは、delegation-mod コマンドを使用して編集します。--attrs オプションは、サポートされる属性のリストをすべて上書きするため、属性の完全なリストと新しい属性を常に含めます。
[jsmith@server ~]$ ipa delegation-mod "basic manager attrs" --attrs=manager --attrs=title --attrs=employeetype --attrs=employeenumber --attrs=displayname
-----------------------------------------
Modified delegation "basic manager attrs"
-----------------------------------------
  Delegation name: basic manager attrs
  Permissions: write
  Attributes: manager, title, employeetype, employeenumber, displayname
  Member user group: engineering
  User group: engineering_managers
重要
委任ルールを修正する際は、既存の属性も含め、すべての属性を含めるようにしてください。