Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

34.6.2.2. コマンドラインでの間接マップの設定

ダイレクトマップと間接マップの主な違いは、間接キーの前にはフォワードスラッシュがないことです。
---------------------------
/etc/auto.share:
man     ipa.example.com:/docs/man
---------------------------
  1. automountmap-add-indirect コマンドを使用して、ベースエントリーを設定するための間接マップを作成します。--mount オプションでは、すべての間接マップキーに使用するベースディレクトリーを設定します。デフォルトの親エントリーは auto.master ですが 、使用すべき別のマップが存在する場合は、--parentmap オプションで指定できます。
    $ ipa automountmap-add-indirect location mapName --mount=directory [--parentmap=mapName]
    以下は例になります。
    $ ipa automountmap-add-indirect raleigh auto.share --mount=/share
    --------------------------------
    Added automount map "auto.share"
    --------------------------------
  2. マウントする場所の間接キーを追加します。
    $ ipa automountkey-add raleigh auto.share --key=docs --info="ipa.example.com:/export/docs"
    -------------------------
    Added automount key "docs"
    -------------------------
      Key: docs
      Mount information: ipa.example.com:/export/docs
  3. 設定を確認するには、automountlocation-tofiles で、その場所ファイル一覧を確認します。
    $ ipa automountlocation-tofiles raleigh
    /etc/auto.master:
    /-      /etc/auto.direct
    /share  /etc/auto.share
    ---------------------------
    /etc/auto.direct:
    ---------------------------
    /etc/auto.share:
    man     ipa.example.com:/export/docs
Solaris では、ldapclient コマンドを使用して間接マップを追加し、LDAP エントリーを直接追加します。
ldapclient -a serviceSearchDescriptor=auto_share:automountMapName=auto.share,cn=location,cn=automount,dc=example,dc=com?one