Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

34.6.2. 間接マップの設定

間接マップは、基本的にマップの相対パスを指定するものです。親エントリーがすべての間接マップのベースディレクトリーを設定します。間接マップキーはサブディレクトリーを設定します。間接マップの場所がロードされたときに常に、キーがベースディレクトリーに追加されます。たとえば、ベースディレクトリーが /docs で、キーが man の場合は、マップは /docs/man になります。

34.6.2.1. Web UI での間接マップの設定

  1. Policy タブをクリックします。
  2. Automount サブタブをクリックします。
  3. マップの追加先となる automount の場所の名前をクリックします。
  4. Automount Maps タブで Add をクリックして新規マップを作成します。
  5. ポップアップウィンドウで Indirect ラジオボタンを選択し、以下の必要な間接マップの情報を入力します。
    • 新規マップの名前
    • マウントポイント。Mount フィールドでは、すべての間接マップキーに使用するベースディレクトリーを設定します。
    • オプションで親マップ。デフォルトの親は auto.master ですが、使用する別のマップがある場合は、Parent Map フィールドでそれを指定できます。
  6. Add をクリックして新規キーを保存します。