Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

24.4.3. Web UI での証明書プロファイル管理

IdM Web UI から証明書プロファイルを管理するには、次のコマンドを実行します。
  1. Authentication タブと Certificates サブタブを開きます。
  2. 証明書プロファイル セクションを開きます。

    図24.7 Web UI での証明書プロファイル管理

    Web UI での証明書プロファイル管理
証明書プロファイル セクションでは、既存のプロファイルに関する情報を表示したり、属性を変更したり、選択したプロファイルを削除したりできます。
たとえば、既存の証明書プロファイルを変更するには、以下を実行します。
  1. プロファイルの名前をクリックし、プロファイル設定ページを開きます。
  2. プロファイル設定ページで、必要な情報を入力します。
  3. Save をクリックして、新しい設定を確定します。

    図24.8 Web UI での証明書プロファイルの変更

    Web UI での証明書プロファイルの変更
Store で発行した証明書オプションを有効にすると、発行された証明書はクライアントに配信され、ターゲット IdM プリンシパルの userCertificate 属性に保存されます。このオプションを無効にすると、発行された証明書はクライアントに配信されますが、IdM に保存されません。有効期限の短い証明書を発行する必要がある場合は、証明書を保存することがよくあります。
Web UI では現在、証明書プロファイルの管理操作が現在利用できません。
  • Web UI で証明書プロファイルをインポートすることはできません。証明書をインポートするには、ipa certprofile-import コマンドを使用します。
  • 属性と値のペアの設定、追加、または削除はできません。属性と値のペアを変更するには、ipa certprofile-mod コマンドを使用します。
  • 更新された証明書プロファイル設定をインポートすることはできません。更新されたプロファイル設定が含まれるファイルをインポートするには、ipa certprofile-mod --file=file_name コマンドを使用します。
証明書プロファイルの管理に使用するコマンドの詳細は、「コマンドラインでの証明書プロファイル管理」 を参照してください。